2020年 7月 15日 (水)

パトカーに駐禁ステッカー 山口県警「駐車違反でない」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   山口県下関市内で県警パトカーに駐車違反のステッカーが貼られていたと、隣県の地元経済紙がツイッター上で写真付きで紹介し、波紋が広がっている。県警では、J-CASTニュースの取材に対し、「駐車違反ではない」と言っている。

   「下関の駐車違反取締は容赦がないです」。2017年5月25日にこうツイートしたのは、福岡県北九州市内にある小倉経済新聞だ。

  • 駐車違反のステッカーが貼られたパトカー(写真は小倉経済新聞提供)
    駐車違反のステッカーが貼られたパトカー(写真は小倉経済新聞提供)
  • 駐車違反のステッカーが貼られたパトカー(写真は小倉経済新聞提供)

小倉経済新聞が写真をツイートし反響

   アップされた写真を見ると、下関ナンバーのパトカーのフロントガラスに駐車違反のステッカーらしきものが貼られている。後方に小さく見える一般車のバンにも貼られていることから、この辺りで山口県警が民間に委嘱した駐車監視員が巡回していたらしい。

   写真が反響を呼び、4万件もリツイートされており、様々な意見がツイートされている。

   ステッカーが本物かどうか疑う声が出たほか、「たとえ身内でも違反は違反ということか」「赤色灯を消しているから、一般車両と見なされて、駐禁切符を切られた?」「これでこそ平等だよなー」などと監視員を讃える声も多かった。一方、「不自然」「容赦なさすぎ」などとパトカーを駐車違反にしたことに疑問を呈する向きもあった。

   そこで、小倉経済新聞の編集部に26日取材すると、編集長がこう説明した。

「写真は、私の友人からもらったものです。監視員のおじさんが現場を回っていたところをカメラで写したと聞いています。監視員は、厳重にやっていると住民の間で評判になっており、フェアさが際立っていると思います。こんな話を取り扱うのは初めてで、リツイートが伸びているのにびっくりしています」

   友人が撮影したのは、25日午前11時前ぐらいだといい、駐車禁止になっている下関市内の公園前の道路だそうだ。

   山口県警のパトカーが駐車違反をしていたというのは、本当なのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中