2019年 8月 20日 (火)

うつ症状や味覚障害引き起こす 「亜鉛不足」防ぐ夏のスーパー食材

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

【健康カプセル!ゲンキの時間】(TBS系)2017年7月2日放送
「この夏を乗り切るために!発見!スーパーミネラル」

   いよいよ暑い夏がやってきた。この季節、水分やビタミンはもちろん、ミネラルも積極的に摂(と)りたいところだ。

   中でも、スーパーミネラルともいわれる「亜鉛」は、全身のあらゆる機能にかかわるが、実は日本人の30~40%が亜鉛不足に陥っているといわれる。不足状態が長引けば、免疫力の低下やうつ症状、味覚障害を引き起こすおそれがある。

   番組では、亜鉛を多く含む今が旬の食材と効率よく摂るコツ、そして不足に陥る意外な原因を紹介した。

  • 亜鉛がたっぷりの食材は岩がき
    亜鉛がたっぷりの食材は岩がき

定番の食べ方で栄養吸収率アップ

   そもそもミネラルとは、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミンと並ぶ五大栄養素だ。ビタミンとともに、エネルギー源となる炭水化物、脂質、タンパク質の代謝を助け、生命維持には欠かせない。体内で合成できないため、食べ物などから摂取しなければならない。

   体内には2000種類以上の酵素があり、取り入れた栄養素を消化吸収し、各所で必要な役割をするよう働きかけている。亜鉛はそのうち300種類の酵素の材料となり、主に細胞の新陳代謝を助ける。肌や毛髪、内臓、筋肉、脳にいたるまで全身の健康を保ち、さらに性ホルモンにも働きかける、非常に重要なミネラルなのだ。

   亜鉛は肉類や海産物、チーズ、卵に多く含まれるが、ダントツの含有量を誇るのが貝のカキだ。カキというと冬のイメージがあるが、岩ガキは夏に旬を迎える。

   ただ、カキを毎日たくさん食べていれば十分というわけではない。三重大学大学院 生物資源学研究科の柴田敏行准教授によると、腸管で吸収される亜鉛は約30%で、多くは体外に排出される。水溶性のため汗で流れ出すほか、ストレスでも大量消費されてしまう。

   カキの名産地である三重県鳥羽市畔蛸(あだこ)町でよく食べられる料理に、亜鉛を効率よく摂るヒントがあった。

   まずは「焼きガキのレモンがけ」。定番の食べ方だが、実はレモンに含まれるクエン酸、ビタミンCが、亜鉛の吸収率をアップさせる。

   次に「カキのみそ炒め(ニンニク入り)」。ニンニクに豊富に含まれるビタミンB6は亜鉛の大敵であるストレスを軽減させるほか、吸収した亜鉛が正常に働くようサポートする。

   アオサを衣にした「カキの磯辺揚げ」は、免疫力アップや生活習慣病予防につながる。アオサに含まれる必須ミネラルのマンガンと、カキに含まれる亜鉛と銅が、抗酸化能力を持つ酵素の材料となるのだ。

   最後に「カキ飯」。亜鉛は水溶性なので煮ると水に溶けだしてしまうが、米と一緒に炊けば米に吸収され、余すことなく摂取できる。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中