2018年 9月 20日 (木)

ハイチにあわや敗北!サッカー日本代表「グダグダの国内組」 前園真聖「収獲なかった」

印刷

   「控えの国内組が使えないとわかった」「海外組と国内組じゃ差があるよ、実際」――。やはりサッカー日本代表は海外組しかいないのか。ハイチ代表戦後、そんな声がインターネット上で溢れ返っている。

   試合は3対3の引き分け。2点先制した後で逆転を許し、あわや屈辱の敗北寸前までハイチにリードを許していた。

  • ハリルホジッチ監督(2016年8月撮影)
    ハリルホジッチ監督(2016年8月撮影)

2点先制から3失点で逆転

   2017年10月10日にホームの日産スタジアムで行われた親善試合。6日のニュージーランド戦から先発メンバーを9人入れ替え、国内組の選手は2人から6人に増やした。

   試合は苦戦の連続。前半7分にMF倉田秋、同17分にFW杉本健勇が立て続けにゴールを決めたが、その後守備が崩壊。同28分、後半8分と相次ぎ失点し、同点に追いつかれた。足が止まり始めた日本は相手に攻撃のリズムをつくられ、後半33分にはバイタルエリアでキープされても誰もプレスをかけられず、ミドルシュートで逆転ゴールを奪われた。

   敗北寸前の後半アディショナルタイム、DF酒井高徳のシュートに途中出場のMF香川真司が反応して同点弾。かろうじて引き分けに持ち込んだ。

   ハイチはFIFAランク48位。日本の同40位と大きな差はないが、ロシアW杯の北中米カリブ海予選で敗退し、本戦出場権は得られずに終わっている。

   「なかなか厳しい試合だった。最終的に引き分けに持ち込めたが、よかったとは言えない」。DF長友佑都の表情は暗かった。さらに「もっと多くの選手がアピールしないといけない」と続けた。

   ハリルホジッチ監督は試合前、「国内のいろいろな選手を見るチャンス」と述べ、テストマッチと位置付けていた。しかし長友も言うように、日本の選手の積極性は高かったとは言い難い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中