2019年 11月 21日 (木)

告白されてブチギレ「セックスしたいんか!」 発達障害ティーンが悩む人間関係

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

【バリバラ】(Eテレ)2017年10月8日放送 「ティーンズバリバラ ~発達障害の悩み~」

   空気が読めない、言っていいことと悪いことの区別がつかない、知らず知らずのうちに相手を傷付けてしまう...などなど、発達障害のある人々は、人間関係で壁にぶつかるシーンも多い。

   番組では、発達障害のある中高生8人が、友達との関係や恋愛の悩みをぶっちゃけた。

食事にこだわりすぎて完食に1時間半

   自閉症スペクトラム障害のあるまゆさん(高3)は、思ったことをはっきり言って相手を傷付けてしまい、友達が作れず孤立しがちだ。

   例えば、トイレの鏡の前でずっと髪の毛をいじっている人がいると「ちょっと邪魔やわー」と言ってしまう。髪を切った友達には「ショートも似合うけど、個人的にはロングが好き」と言い、場の空気を重くしてしまった。

   友達ができづらい理由はもう一つ、「食事の仕方」だ。

   まゆさんは食べ方に強いこだわりがある。まず一つの皿に入っている食材の数が同じになるように食べ、全体の量が均等に減るよう食べ進め、同時に食べ終わらないと気が済まない。

   二つのことを同時にするのが苦手で、食べながら会話ができないという特性も。この日は一人前の定食を食べ終わるのに1時間28分かかった。

   スタジオの中高生たちは「あ~!」「大変だね」などと笑いながらまゆさんのVTRを見ていたが、まゆさんは「笑ってくれたら嬉しいけど、友達がスマホをいじりだしたり、静かになったりすると申し訳ないと思ってしまう」という。発達障害のある人と交流する上で、特性に遠慮なく突っ込むのも、場合によってはアリということか。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中