2019年 9月 22日 (日)

がん予防に加え、ニンニクパワーがまた1つ 感染症の悪玉菌を同時に2つ退治する

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   古代エジプトやギリシャ、中国、日本の「古事記」の時代から「元気の出る食べ物」として頼りにされてきたニンニク。最近はがん予防でも脚光を浴びているが、感染症を引き起こす細菌を殺傷するパワーがあることがわかった。

   デンマーク・コペンハーゲン大学の研究チームが、ニンニクの成分が病原菌の中でも特に悪質な2種類の細菌を同時に退治することを突きとめ、科学誌「Nature Scientific Reports」(電子版)の2017年11月16日号に発表した。

  • 米国国立がん研究所が発表した「がん予防に効果がある食品群」のデザイナーフーズ・ピラミッド(図は編集部作成)。上に行くほど重要度が高く、ニンニクは頂点に
    米国国立がん研究所が発表した「がん予防に効果がある食品群」のデザイナーフーズ・ピラミッド(図は編集部作成)。上に行くほど重要度が高く、ニンニクは頂点に
  • 多くの健康効果があるニンニク
    多くの健康効果があるニンニク

ニンニクのくさいニオイ成分にスゴイ健康効果

   コペンハーゲン大学のプレスリリースによると、同大学では2005年から足掛け12年間、ニンニクの細菌に対する影響力の研究を続けてきた。今回、ティム・ホルム・ヤコブセン教授らが、ニンニクが含んでいる、あのニオイの元である硫黄(いおう)化合物の1種「アジョエン」が、細菌の中でも特に大きな感染症の被害を人間に及ぼす2種類の仲間に、「壊滅的な打撃」を与えることを発見した。

   2種類の細菌とは、「黄色ブドウ球菌」と「緑膿菌」だ。黄色ブドウ球菌は毒性が非常に強く、食中毒の原因になったり、肺炎や髄膜炎、敗血症など致死的になる感染症を引き起こしたりする。一方、緑膿菌は土壌や口の中など、どこにでもいる常在菌で、毒性は弱い。しかし、体力が弱り免疫力が落ちると、ほかの病原菌と一緒に感染(混合感染)し、悪性度を一気に増して呼吸器感染症、尿路感染症、敗血症などを引き起こす。抗生物質に対する抵抗力が強いことも厄介な性質だ。

   ニンニクの成分アジョエンは、これらの菌の遺伝子情報をつかさどるRNA分子の情報伝達回路を遮断、また、菌の周囲を覆っている保護膜(バリア)を破壊して、菌の繁殖力を大幅にそいでしまうことがわかった。

   ヤコブセン教授はプレスリリースの中でこう語っている。

「これら2つの細菌はまったく違う種類ですが、ともに人間にとって脅威となる細菌です。それを同時に退治する物質などなかなか見つけることができません。ニンニク化合物はすぐに両方と戦うことができるので、抗生物質と一緒に使用すると、耐性菌に対する効果的な薬になる可能性があります」
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中