2020年 11月 24日 (火)

ツイッター、初の黒字達成も日本では不満の声が後絶たず 「以前の仕様に戻して」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   SNS大手の米ツイッター社は、2018年2月8日(現地時間)、2017年第4四半期の決算を発表し、13年に上場して以来初めて黒字になったことを明かした。コスト削減と広告収益の増加が要因という。

   その一方で、日本のツイッターユーザーからは近年追加された機能についての不満が根強く、仕様の改善や、以前の仕様への回帰を求める声が後を絶たない。

  • ツイッター社が上場後「初」黒字(画像はイメージ)
    ツイッター社が上場後「初」黒字(画像はイメージ)
  • ツイッター社が上場後「初」黒字(画像はイメージ)

純利益9100万ドルは上場以来初の黒字

   ツイッター社の決算報告書によると、第4期の売上高は約7億3200万ドルで、前年同期比で2%増加した。純利益は約9100万ドルで、13年に上場して以来、初めての黒字となった。前年同期は約1億6700万ドルの赤字だった。

   アクティブユーザー数は3億3000万人で前期と横ばいだったものの、研究活動のコスト削減や、収益の柱である広告収入が好調なことが、黒字へと導いた。

   ツイッター社の発表の中で、創業者で最高経営責任者(CEO)のジャック・ドーシー氏は

「1年の力強い締めくくりだった」

と手ごたえを語り、ネッド・シーゲルCEOも

「2017年のこの結果と、第4期で増益したことは喜ばしい」

と満足気なコメントを出している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中