2018年 12月 19日 (水)

「漫画村」の違法データをKindleで販売? アマゾンが削除対応「著作権侵害を容認しません」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   Amazon.co.jp(アマゾン)の電子書籍ストア「Kindle」上で、海賊版サイト「漫画村」のロゴが入ったコミックスが販売されていた問題で、アマゾン側が問題の販売ページを削除した。

   アマゾン・ジャパン広報本部の担当者が2018年4月23日、J-CASTニュースの取材に明かした。

  • 1問題の販売ページに掲載されていた表紙画像。左上に「漫画村」のロゴがある
    1問題の販売ページに掲載されていた表紙画像。左上に「漫画村」のロゴがある
  • 2問題の販売ページのキャプチャ
    2問題の販売ページのキャプチャ
  • 3表紙以外のページにも、漫画村のロゴやキャラクターが
    3表紙以外のページにも、漫画村のロゴやキャラクターが

「該当タイトルは取り扱いを中止しました」

   違法ダウンロードされたとみられる書籍データが販売されていたのは、集英社の人気漫画「ゴールデンカムイ」(作・野田サトル)の13巻。3月19日に発売されたばかりの最新巻だ。

   問題の販売ページでは、作者の名前が「野田サトルニ」となっており、表紙の左上には「漫画村」のロゴが入っていた。本編のページにも、漫画村がサイト上で使用しているキャラクターの絵などが描かれていた。

   価格は400円で、集英社が販売している正規版の定価の527円よりも安くなっていた。また、正規版は対象外だった定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」にも配信されていた。

   販売業者の欄には「Amazon Services International,Inc.」とあった。どうやら、電子書籍を無料で出版できるAmazonのサービスを用い、違法ダウンロードした書籍データを不正に販売していたようだ。

   J-CASTニュースでは4月23日午前、アマゾン・ジャパンの広報担当者に対し、(1)今回の件について、どのような対応を取る予定か(2)過去に類似の事例はあるのか。また、アマゾン側では何か対策を取っているか――の2点を質問したが、その回答は、

「Amazonは著作権侵害を容認しません。該当タイトルは取り扱いを中止しました」

というものだった。

   なお、23日のサンケイスポーツ(ウェブ版)の報道によれば、販売元の集英社がアマゾン側に連絡を取り、問題の出品を取り止める要請したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中