2018年 10月 17日 (水)

異色コラボ「海老蔵サンダー」好評 本人も「何個も食べてしまう」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2018年10月1日、歌舞伎役者の市川海老蔵さん(40)と、準チョコレート菓子「ブラックサンダー」がコラボした「海老蔵サンダー」が、全国のコンビニエンスストアで発売された。

   この商品は成田屋のファンクラブ「THUNDER PARTY!」と「ブラックサンダー」に名前の繋がりがあったことがきっかけで開発され、限定パッケージとして巡業の公演場所のみで販売していた。J-CASTニュースは2日、ブラックサンダーを生産している有楽製菓(本社・東京都小平市)のマーケティング担当者に取材した。

  • 有楽製菓の公式ツイッターは市川海老蔵さんのブログに反応(有楽製菓の公式ツイッターより)
    有楽製菓の公式ツイッターは市川海老蔵さんのブログに反応(有楽製菓の公式ツイッターより)
  • 公演場所で販売されている限定パッケージ(有楽製菓より提供)
    公演場所で販売されている限定パッケージ(有楽製菓より提供)

公演開始前には売り切れてしまうほどの反響

   市川さんは2018年10月1日に公式ブログを更新し、「ま、まじか...考えていなかったです、驚き、何気に人気だったらしい」と驚きをあらわにしている。さらに続けて、

「11月の巡業の公演会場でも引き続き海老蔵サンダーの特典付き公演限定BOXを販売します!数に限りがありまして毎回すぐに売り切れてご迷惑をおかけしているようですが」

と投稿し、公演会場での人気ぶりを明らかにした。

   有楽製菓のマーケティング担当者によれば、海老蔵サンダーは9月の巡業から、限定パッケージで公演会場で販売していた。場所によっては、公演開始前には売り切れてしまうほどの反響があったという。

   市川さんもお気に入りのようで、「でもね、正直、美味しいのです...私は何個も食べてしまうので...楽屋には置かない様にしてるくらいです笑笑」と、ブログに書き込んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中