2020年 8月 4日 (火)

今度は「#政権批判は誹謗中傷でない」トレンド入り 続くハッシュタグ合戦

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   ハッシュタグ「#政権批判は誹謗中傷ではない」が2020年5月28日にツイッターの国内トレンドの上位入りした。

  • 「誹謗中傷」をめぐるタグがトレンド入り(画像はイメージ)
    「誹謗中傷」をめぐるタグがトレンド入り(画像はイメージ)
  • 「誹謗中傷」をめぐるタグがトレンド入り(画像はイメージ)

「誹謗中傷」についてルール化の動き

   プロレスラーの木村花さんが亡くなったことをめぐり、「誹謗中傷」を問題視する動きが広まっている。25日には他人に対する誹謗中傷を規制するため、与野党ではルール化の検討を始めることで一致したことが報道された。

   政府与党の動きは早く、自民党の三原じゅん子参院議員は25日にツイッターで「インターネット上の匿名での誹謗中傷の人権侵害に対して、政治家として動き出します」などと投稿し、26日には自身で立ち上げた「インターネット上の誹謗中傷・人権侵害等の対策PT」で会合を行った。

   また高市早苗総務相は閣議後記者会見で、「発信者の特定を容易にするための方策」などについて、「制度改正も含めた対応を、スピード感を持って行ってまいりたいと存じます」と、方針を示した。

   ところが、27日夜からハッシュタグ「#政権批判は誹謗中傷ではない」を付けたツイートが急増し、28日8時ごろには国内トレンドの1位となった。タグを付けたツイート自体は25日にも確認できるが、今回は27日23時ごろに生物学者の池田清彦さんが「#政権批判は誹謗中傷ではない」と投稿した直後からじわじわ増え始め、28日朝ごろから一気に火が点いたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中