2020年 8月 15日 (土)

刀剣乱舞「科白劇」でどんな舞台に? 殺陣は封印?副題の「改変」は注目ポイント

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   舞台「刀剣乱舞」の最新作「『刀剣乱舞』 綺伝 いくさ世の徒花」は、「舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝 いくさ世の徒花 改変 いくさ世の徒花の記憶」に改題し(「綺伝 いくさ世の徒花」には打ち消し線)、科白劇(かはくげき)として上演されることが2020年6月1日に発表された。

   新型コロナウイルス対策として「舞台上での」ソーシャルディスタンスを保って上演する予定であり、新展開の舞台がどうなるかみどころだ。

  • 「綺伝 いくさ世の徒花」を「改変」して科白劇として上演する(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会 (C)2015-2020 DMM GAMES/Nitroplus
    「綺伝 いくさ世の徒花」を「改変」して科白劇として上演する(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会 (C)2015-2020 DMM GAMES/Nitroplus
  • 「綺伝 いくさ世の徒花」を「改変」して科白劇として上演する(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会 (C)2015-2020 DMM GAMES/Nitroplus

「刀ステ」8作目に降りかかったコロナ禍

   舞台「刀剣乱舞」シリーズは2016年の初演で、キャストとエピソードを変えつつ、新作を繰り返し上演してきた。一貫して末満健一さんが脚本・演出を担当している。5月25日から31日まで、動画配信サイトのDMMで全作品を無料配信して話題にもなった。

   当初「『刀剣乱舞』綺伝 いくさ世の徒花」として上演予定だった最新作は8作目にあたるが、同じキャストのまま公演日程を変更して地方公演を中止し、6月からの上演予定を7月からに変更して行う。

   舞台「刀剣乱舞」、通称「刀ステ」はダイナミックな殺陣や精緻な衣装、原作ゲームの歴史観を踏まえた脚本がみどころだ。しかし、新型コロナウイルス対策として当面ソーシャルディスタンスが求められるために、科白劇としての上演になった。

   また追加キャストとして、大友宗麟役・三浦浩一さん、細川忠興役・早乙女じょうじさん、黒田孝高役・山浦徹さん、高山右近役・黒川恭佑さん、小西行長役・堀田勝さん、大村純忠役・石原正一さん、有馬晴信役・船木政秀さんの出演が決定した。その他の出演者は「綺伝 いくさ世の徒花」と変わらない(歌仙兼定役・和田琢磨さん、山姥切長義役・梅津瑞樹さん、にっかり春江役・佐野真白さん、亀甲貞宗役・松井勇歩さん、獅子王役・伊崎龍次郎さん、篭手切江役・大見拓士さん、古今伝授の太刀役・塚本凌生さん、地蔵行平役・星元裕月さん、細川ガラシャ役・七海ひろきさん)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中