2020年 9月 19日 (土)

「問題児」ネリが世界ランキング1位に 世界戦へ大きく近付く

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ボクシングのWBCは2020年7月8日までに最新のランキングを更新し、元WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(25)=メキシコ=がスーパーバンタム級1位にランクインした。

   ネリは19年11月にエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とWBC世界バンタム級挑戦者決定戦を行う予定だったが、前日計量で体重を超過。ロドリゲス陣営が体重超過を受け入れず試合は中止となり、以降WBCのランキングから外されていた。

  • WBC公式サイトより
    WBC公式サイトより
  • WBC公式サイトより

WBC王者がネリとの対戦に言及

   2019年11月の試合で体重超過の失態を犯したネリに対して、WBCのマウリシオ・スライマン会長は「努力すらしないのは人としてありえない」と激怒。しかし、WBCはネリに明確な処分をせず、スライマン会長が階級を上げるよう通達しただけだった。

   ネリの世界ランキングを巡っては、IBFとWBOは毅然とした姿勢を見せるものの、WBC及びWBAにはブレがみられる。ネリの体重超過以降、WBAはネリを世界ランキングから外したものの、2020年2月の最新ランキングでスーパーバンタム級2位にランクイン。ところが4月の最新ランキングでネリを世界ランキングから除外するなど不可解な動きがみられる。

   ネリはプロデビュー以来30連勝(24KO)をマークするも、スーパーバンタム級での実績はない。3月28日にWBC世界スーパーバンタム級の世界ランカー、アーロン・アラメダ(メキシコ)との対戦を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で試合は中止となった。19年11月の試合がキャンセルされたこともあり、ネリは19年7月以降、リングに上がっていない。

   ネリの次戦に関して米国の一部メディアは、20年7月中旬にアーロン・アラメダ(メキシコ)とのノンタイル戦が浮上していると報道。また、WBC世界スーパーバンタム級王者レイ・バルガス(メキシコ)は、ネリとの対戦の可能性に言及しており、今後の動向に目が離せない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中