J-CAST ニュース ビジネス & メディアウォッチ
閉じる

香港警察が鬼滅の刃をパクる? 市民から批判、周庭氏「宣伝道具になるの悲しい」

   民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏が2020年11月16日(日本時間、以下同)、香港警察が大ヒット中の人気漫画「鬼滅の刃」に類似したキャラクターを宣伝に使い、市民から批判が集まっているとツイッターで報告した。

   周庭氏が指摘するように、このキャラクターは鬼滅の刃の主人公・竈門炭治郎を思わせる外見だ。

  • 香港警察のフェイスブックより
    香港警察のフェイスブックよりaaaaaa
  • 香港警察のフェイスブックより
  • 元となったキャラクター「提子」(香港警察のフェイスブックより)

「原作を侮辱している」

   周庭氏は、香港警察が13日にSNSに投稿した画像を引用し、「先日、香港警察がSNSに鬼滅の刃の主人公に似たキャラの画像を載せました」と報告した。

   画像には、竈門炭治郎を想起させるキャラクターが写っている。「提子治郎」を名乗り、炭治郎のトレードマークである市松模様の羽織姿に黒い刀を握る。提子は中国語で葡萄を意味する。右上にはアニメのロゴそっくりのデザインで「騙滅之刃」と書かれている。

   香港警察は今年6月、特殊詐欺被害防止の啓発マスコットキャラクター「提子」を発表していた。「提子治郎」もその延長戦とみられ、フェイスブックには「防騙之呼吸」「第十三型『便宜莫貪』!」と書き込んでいる。

香港警察公式サイトより
香港警察公式サイトより

   投稿には約1500件近くの意見が寄せられ、香港市民らから「著作権はクリアしているのか」「原作を侮辱している」などと批判が集まっている。

   周庭氏も先の投稿で「著作権問題で香港市民に大批判されましたが、警察は『それは炭治郎じゃなくゆるキャラの『葡萄』だ、著作権侵害ではない』と主張しました」と説明し、「鬼滅の刃が香港警察の宣伝道具になるのは悲しい...」と否定的な見解を述べた。