2021年 5月 8日 (土)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち コロナ下の感謝祭、ディナーの話題も大統領選

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
「Thanksgiving Day(感謝祭の日)、6フィート(1.8メートル)離れていれば大丈夫。うちで一緒に食事をしない?」

   ニューヨーク市に住む高齢の友人エバリンから、数週間前にそんな誘いがあった。私とは30年来の付き合いだが、年齢を明かしたことはない。おそらく、80代だと思う。

   例年の感謝祭は他州に住む友人宅にディナーに呼ばれるが、今年は新型コロナウイルス感染が心配なので、行かないという。

   米国で、感謝祭はクリスマスに次ぐ大きな休暇で、離れて暮らす家族が集まり、テーブルを囲む。日本で言えば、お正月やお盆のような帰省休暇だ。

  • ニューヨーク市・マンハッタンで感謝祭のターキーなどを無料で配る慈善団体の人たち(2020年11月、筆者撮影)
    ニューヨーク市・マンハッタンで感謝祭のターキーなどを無料で配る慈善団体の人たち(2020年11月、筆者撮影)
  • ニューヨーク市・マンハッタンで感謝祭のターキーなどを無料で配る慈善団体の人たち(2020年11月、筆者撮影)

国民の半数「コロナの予防接種受けない」

    2020年3月にニューヨークでコロナ騒動が始まって以来、エバリンは自分のアパートに人を入れたことがない。

   この夏、久しぶりに彼女と公園で会った時、彼女の最初の言葉は「私に触れないで」だった。彼女に触れようとしてなど、いないのに。コロナ感染を恐れて、おそらく誰に対してもそう言うのだろう。

   生涯未婚で、血の繋がりのある人はアメリカにもういない。私たち夫婦を自分の家族のように思っている。彼女の葬儀で読んでほしいと頼まれて私が書いた弔辞を、すでに彼女の遺言執行人に預けてあるという。

   感謝祭の日(11月26日)は先約があったので、彼女のアパートは別の日に訪ねると伝えた。

   後日、彼女から「やっぱり、室内で会うのは心配になった」と連絡があり、次のようなメールが届いた。

「直接会う代わりに、電話で思う存分、話すことにしましょう。理解してくれて、ありがとう。この感謝祭の日に、あなたたち夫婦が私の人生にいてくれることに、神に感謝します。コロナのワクチン接種を早く受けたい。そうすれば安心して、あなたと一緒に時間を過ごせるようになるから。接種の予約ができないか、医者に電話してみたけれど、まだ時期はわからないから、ニュースをよく見ているように、と言われたわ」

   複数の世論調査によると、アメリカ人の半数は「コロナの予防接種を受けない」と答えている。予防接種の信頼性が課題となっていて、私の友人の多くも「あまりにも急いで作られたものだから、長期的にどんな副作用が起きるかわからない」と懐疑的だ。

   でもエバリンは、「自由に人と会いたい。1人で家にいるのも精神的に辛いわ。不安にかられながら生活するのは、もうたくさん」と1日も早く接種したがっている。医療関係者や高齢者は、優先される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中