2021年 6月 25日 (金)

元小学生ユーチューバー・ゆたぼん「不登校教育」めぐり激論 本人は「ほっとけ、俺の人生や!」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2021年4月7日に投稿したYouTube動画で、中学校への「不登校宣言」をしたユーチューバー・ゆたぼん。その「教育方針」をめぐり、議論が繰り広げられている。

   インターネット掲示板「2ちゃんねる」開設者のひろゆき(西村博之)さんは「教育を受けさせる義務を放棄してる親には罰則が必要」した一方で、ゆたぼんの父は「義務を放棄してるわけではない」と反論。ゆたぼん本人は、不登校で将来困っても「自分の責任」だとした。

  • 元小学生ユーチューバー・ゆたぼんの「教育方針」が議論に(ゆたぼんの動画より)
    元小学生ユーチューバー・ゆたぼんの「教育方針」が議論に(ゆたぼんの動画より)
  • 元小学生ユーチューバー・ゆたぼんの「教育方針」が議論に(ゆたぼんの動画より)

乙武氏「教育は受けてほしい」

「俺は中学校に行く気はありませーん!」(4月7日の動画より)

   少年は、諸手を挙げて高らかに「不登校」を宣言した。7日に公開されたYouTube動画「中学校へ行くかについて」での一幕だ。

   麦わら帽子をトレードマークに、自称「少年革命家」として活動してきたゆたぼん。小学校時代は気が向いた時に通学する「自由登校」を選んできた。だが、春から通うはずの中学校には行く意思を示さず。その理由を、動画の中で次のように語っている。

「(学生服を)そんなん買ってくるくらいならもっと楽しいことに使ったほうがええやん!」
「(配布された『生徒心得』について)従ってたら、みんなと同じロボットになるだけやから」

   通信制やフリースクールなどの普及によって、学習の形も多様化している今の時代。ただ、著書『五体不満足』(講談社)などで知られる作家の乙武洋匡さんは、10日に自身のツイッターで「『学校に行かないこと』と『教育を受けないこと』はまったく別の話。不登校自体は決して咎められることではないけれど、教育は受けてほしい」と投稿するなど、疑問の声も広がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中