2022年 8月 10日 (水)

井上尚弥は「5階級制覇いける」 具志堅用高氏が太鼓判「一方的に強いとしか感じない」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロボクシングの元WBA世界ライトフライ級王者で世界王座13度防衛の最多記録を持つ具志堅用高氏(66)が2022年6月8日にユーチューブを更新し、7日に行われた世界バンタム級3団体王座統一戦を解説した。

  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • 井上尚弥選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

「普通の選手は12ラウンドもたない」

   試合はWBA、IBF同級王者・井上尚弥(大橋、29)がWBC王者ノニト・ドネア(フィリピン、39)を2回TKOで下して王座統一に成功。世界4団体統一を目標に掲げる井上は今後、WBO同級王者ポール・バトラー(英国、33)との対戦を目指していく。

   19年11月以来のリマッチ。初戦は井上が2回にドネアの左フックで右目上をカットするなど苦戦を強いられ、11回にドネアからダウンを奪うも倒し切れず判定までもつれた。井上はこの試合で右目の眼窩底と鼻を骨折。勝利の代償は大きかった。

   2年7カ月ぶりに拳を交えた井上は初回に強烈な右クロスでダウンを奪い、続く2回にはダメージが残るドネアを攻め立て最後はロープに詰めて左フックでキャンパスに沈めた。世界中の注目を集めたリマッチは「モンスター」の強さだけが目立った試合となった。

   試合の感想を求められた具志堅氏は「黄金のバンタムでパンチ力が違う。それだけですね」と率直に答え、「普通の選手は12ラウンドもたない。早い回でもらったら効いてしまって何もボクシングが出来ない。だから一方的に強いとしか感じない」との感想を漏らした。

   一方、敗れたドネアに関しては「立ち上がりは良いと思った。全く硬さがなくて。柔らかい動きだった。ただ、仕上がりが早いような気がする。調整が。日本に2週間前に来ましたよね」と語り、次のように続けた。

「狙っているところに全部パンチを当てている」

「2週間でどれくらいの練習をやったか。隔離もあったので。自分の経験からみたら試合の近くまで追い込んでいくんですよ。計量後の食事をしっかりとれたのか。もろいような気がした。元気がなかったね」

   番組スタッフから井上のスピードとパワーは天性のものなのかと問われた具志堅氏は「僕は(井上が)小学校の頃から見てますから」と切り出し、「ボクシング自体の動きとか、強くなる要素を全部小学校時代から持っている。スピード、バランスとか」との見解を示した。

   そして普通の選手には教えても出来ない対戦相手との距離感やパンチを当てる感覚が井上にはあるとし、「井上チャンピオンは狙っているところに全部パンチを当てている。あれは狙って打っている。ラッキーというのはないですね。的確に当たっているからダメージがある」との持論を展開した。

   強力なライバルを一蹴して3本のベルトを巻いた井上。次なる標的であるWBO王者バトラーが契約するプロモート社を通じて井上との対戦に前向きな姿勢を見せており、悲願の世界4団体王座統一が現実味を帯びてきた。

   進化し続けるモンスターに対して具志堅氏は「もっと強くなるね」と太鼓判。そして「今後もこの調子でやればスーパーバンタムでも確実にチャンピオンになれますね。5階級(制覇を)やりますね、彼は」との私見を述べた。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中