占いで不吉な結果がでたら、どうしますか?


2013/10/ 2 19:55

書名:月のとびら
著者:石井ゆかり
発売日:2013/9/30
定価:1,680円(税込)
 『12星座シリーズ』やフィガロジャポン「星のアドバイス」でおなじみの石井ゆかりさんがエッセイをしたためました。地上が闇に閉ざされはじめると、月はやさしいい光で、私たちを照らし始めます。そんな月にまつわる神話や哲学、科学をひも解き、深遠なる月の世界に私たちをいざなってくれます。

たとえば、月のもつ3つの「顔」。新月から上弦の膨らむ月、満月、そして下弦の欠けていく月。この3つの顔を、新しく生まれてくるアルテミス、満ちる豊穣の月のセレネ、欠けていく暗い月のヘカーテと3人の女神のイメージになぞらえることがあります。とても、メルヘンチックな世界にとんでいけそうです。

こんな記述もあります。
ウパニシャッドの世界では、月は「門」の役割を果たします。すなわち、死者の魂はまず月に至り、ここを通って、もう一度生まれ変わるものは地球に戻り、輪廻を終えたものは太陽に向かうのです。

月の世界は魅力的です。異世界へのとびらを開き、私たちへ警句を発してくれます。そして月がいつも満ち欠けし、変容していくのと同じように、私たちも変わっていくという事実を知らせてくれます。変わっていくのは、他者や外界であって、自分自身は変化しないと思いがちですが、決してそんなことはないのです。それを知ることで、私たち自身の心も見えてきます。占いとのつき合い方も、たとえば不吉な結果が出たとき、その視点を忘れてはならないでしょう。

最後に一言アドバイスを抜粋しておきます。
チャンスを待つとき、それはいつまで待てばいいのでしょうか。
次の新月・満月まで待ちましょう。
 
 
 
 

他の言語

BOOKウォッチログイン

出版社の方へ
御社の書籍も、こちらのコーナーに掲載してみませんか?

このページのトップへ
ニュース
トピックス
特集
ひと登場
メディア
経済
ファイナンス
社会
IT
エンタメ
コアラのマーチの天気予報
ワイドショー
てれび見朱蘭
チャンネルGメン
太田総理
エイガ探偵団
おかわり!王様
Eたび
NHK注目
動画探偵社
TVトピックス
「嵐」注意報
深読み週刊誌
ブログウォッチ
深夜テレビ
放送作家日記
ドラマが好き
プロフェッショナル
クローズアップ
海外セレブ
あなたは何派? TVワンクリック
特番
あなたはどっち?アンケート
映画365日
テレビ業界
細木数子
甲子園
記事一覧
グルメ
乗り物
IT・ガジェット
携帯電話
家電
エンタメ
コスメ・健康
ファッション
イベント
トラベル
ライフ
コラム
カス丸
その他
1クリック投票
新着記事
トラブル
社内結婚
ハケン
サイト拝見
新書ちょっと
クラウド
悩み相談
特集
トピックス
29歳の君へ
できるヤツ
世界一蹴
ITとほほ
非サラリーマン
外資系で働く
転職日記
フリーランス
脱メタボ
債権回収OL
アニメ制作
J-CASTニュースについて
編集長からの手紙
お問い合わせ