読むべき本、見逃していない?

片岡愛之助が力をそそぐ「永楽館歌舞伎」とは!?

PR
 7年前の「出石永楽館」杮落公演より座頭として活躍する愛之助が、舞台にかける熱い思いと上演秘話を語る!
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-780742-4&mode=1

平成20(2008)年、兵庫県豊岡市出石において44年の歳月を経て、まちの人々の情熱により復原された「出石永楽館」での「永楽館歌舞伎」第七回公演となった昨年のチケットは、発売2時間で完売! 

上演実現に至るまでの、普段は見ることのできない舞台裏の様子や新作歌舞伎誕生秘話、チーム上方と称する心強い共演者や現地スタッフとの絆、ボランティアとの心の交流、歌舞伎特有のさまざまな見どころなどを愛之助の語りおろしで綴っていく。

【著者】
●六代目片岡愛之助
1972年3月4日生まれ。大阪府出身。
1981年、十三代目片岡仁左衛門の部屋子となり、片岡千代丸を名のって初舞台。
1992年、片岡秀太郎の養子となり、六代目片岡愛之助を襲名。
上方歌舞伎を愛し優美な伝統を受け継ぐ一方、線の太い役や荒事などでもスケールの大きな芸を見せている。時代物、世話物を問わず、歌舞伎の立役として存在感を示している。
屋号は松嶋屋。

●清水 まり
歌舞伎を中心に、主にエンタテイメントの分野で原稿を執筆。
俳優、スタッフへのインタビュー、歌舞伎に関連した随筆や紀行文など。『祝! 四代目市川猿之助襲名記念 僕は、亀治郎でした。』(集英社刊)を企画・構成。

書名:愛之助が案内 永楽館ものがたり
著者:片岡愛之助、清水まり
発売日:2015年3月26日(木)
定価:本体1400円+税

旅行 ホビーの一覧

一覧をみる >

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub