読むべき本、見逃していない?

プーチンの敵として追われるアメリカ人ビジネスマンのスリリングな闘い

 1990年代、市場経済へ移行期のロシアで著者ビル・ブラウダーは
投資ビジネスを大成功させた。
資産価値から考えると株価が格安の企業に目をつけては、
欧米投資家から集めた資金をタイミングよく投入して
大きな利益を生み出していったのだ。
次第にロシア経済界の事情に精通し始めたブラウダーは、
ロシアの企業で横行する不正・横領に気付き、
調査・告発を続けるのだが、いつの間にかプーチンに目を
つけられて、2005年、強制的に国外退去させられてしまう。

その後、ロンドンを拠点にして、身の潔白を証明しようと画策した
ブラウダーだったが、ロシア当局により脱税の証拠を捏造され、
顧問弁護士たちが不当に逮捕されそうになる。
危機が次々と襲うなか、ついに弁護士のひとりが
逮捕されてしまい、劣悪な環境の中で拘束され続けた末に
拷問されてなくなってしまう。

プーチンとロシア当局を敵にまわしたブラウダーが、
いかにして危機を乗り越え、人権侵害の事実をアメリカ議会に
訴えて、殺された仲間の復讐を果たすのか。

サスペンスのような展開で、全てが事実という
迫力のノンフィクション。
今年2月、アメリカで発売されるとたちまち、
ニューヨークタイムズのベストセラーリストにランクインした話題作です。

http://gakugei.shueisha.co.jp/



書名:国際指名手配 私はプーチンに追われている
著者:ビル・ブラウダー
訳者:山田美明/笹森みわこ/石垣賀子
発売日:2015年6月26日
定価:本体2,200円+税

ノンフィクションの一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub