読むべき本、見逃していない?

危機に向き合っている人、すぐそこに危機がある人のための本

PR
 ベストセラー『Good Luck』の続編ともいえる本作は、テーマをクライシス(危機)に置き換えて、再び感動をお届けします。
 トルストイの「誰もが世界を変えたがるが、自分自身が変わろうとはだれも思わない」、サン=テグジュペリの「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。肝心なことは、目に見えないんだよ」、マイケル・ジョーダンの「私はこれまで、9000本以上のシュートをはずしてきた。300回近く試合に負けてきた。人生で何度も何度も失敗してきたが、それが私にとって、まさに成功の礎となった」など、多くの先人たちの警句や発言を引きながら、危機に直面したときにどんな姿勢で臨むべきか、示唆に富んだ言葉が私たちに投げかけられます。
 一方では、片腕を失ったモロッコ人、アブデラマンがパラリンピック北京大会1500m走で銀メダルをとった逸話、レジリエンス(精神的回復力)の大切さを説くために、映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』を引用するなど多くの事例が私たちを勇気づけます。
 さまざまなインスピレーションを惹起させる数多くのメッセージが詰まった著者からの29通の書簡。読むほどに心温まります。

書名:グッドクライシス著者:アレックス・ロビラ訳者:田内志文/青砥直子発売日:2015/10/29定価:本体1500円(税別)

思想の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub