読むべき本、見逃していない?

青はクリエイティビティを増進します。色の不思議な力を知ろう!

 色は、気づかぬうちに私たちの気分や行動に強い影響を与えています。たとえば、
・緑色のジュースは酸味が強く感じられる
・刑務所の独房をピンク色に塗ると収監者が暴れなくなる
・ウェイトレスが赤い服を着ると、受け取るチップは二倍の額になる
・同種の製品の二者択一の場合、3人に2人は色で選ぶ

本書では、カラーデザイナーである著者が、豊富な実例をもとに色のもつ不思議な力を解き明かします。挙げられた事例は、環境・気分・健康・食品・欲求・運動能力・創造力・集中力、とさまざまな分野にわたり、しかもそのすべてが学術的に裏付けされたもの。よく眠れる寝室、子どもが元気になる学校、モチベーションの上がる職場、売れ筋の商品パッケージ……ビジネスでもプライベートでも、「色」を使ってパフォーマンスを高めるヒントが満載です。

【著者紹介】
ジャン=ガブリエル・コース Jean-Gabriel CAUSSE
1969年フランス南部の都市ロデズ生まれ。エコール・シュペリュール・ド・ピュブリシテで広告、コミュニケーション、マーケティングを学ぶ。卒業後、大手広告代理店で広告クリエーターとして活躍。有名ブランドのテレビCMや、雑誌の表紙・ポスターを数多く手がけ、最優秀賞を含め広告大賞を何度も受賞する。2007年、カラーコンセプトを提唱するブルーブレッツェル社を設立。2009年から日本のオンワード樫山のクリエイティブ・ディレクターとして、新しい価値やライフスタイルの創造を提案している。また、日本のファッションメーカー十数社による東日本大震災の復興キャンペーンにも参加。2014年刊行の本書は大きな評判を呼び、本国フランスでは5万部を超えた。フランス流行色委員会会員。

書名:色の力 消費行動から性的欲求まで、人を動かす色の使い方著者:ジャン=ガブリエル・コース訳者:吉田良子発売日:2016/5/27定価:本体1600円(税別)

雑学 写真集の一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub