生誕80年にして、その生き方を振り返るのだ。


2016/7/ 1 12:00

誌名:Pen+(ペン・プラス)いまだから、赤塚不二夫発売日:2016/6/29定価:本体1,111円(税別)
 まずは、赤塚不二夫のDNAを受け継ぐクリエイターの方々に登場願い、赤塚不二夫の魅力について縦横無尽に語ってもらいました。グラフィックデザイナーの祖父江慎は、バカに命を懸けた希有な存在と称賛します。思考停止を余儀なくさせるこの時代に、ギャグは明るい不意打ちになるとし、「シェ―!」の決めゼリフでポーズをとりました。美術家の会田誠は、たとえその先が崖であろうと、突っ込んでいく潔さにあこがれるといいます。エッセイストで批評家の四方田犬彦は、キャラの背後に見え隠れするエスニシティは、赤塚の満洲時代の影だと指摘。ミュージシャンの甲本ヒロトや米文学者・翻訳家の柴田元幸、作家の町田康らも赤塚作品への思いを吐露しました。

泉麻人(コラムニスト)、大森美香(脚本家)、渋谷直角(漫画家/コラムニスト)、FROGMAN(映像クリエイター)、喰始(WAHAHA本舗主宰)の5人がそれぞれ、『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』『もーれつア太郎』『天才バカボン』『レッツラゴン』の読みどころを語った、ボリュームたっぷりのお薦め作品ガイドもあります。さらに、シュールでナンセンスなギャグ漫画ばかりではない、少女漫画から人情ものや教養ものなど、その他の作品も紹介。また、子どもの頃の記憶がよみがえるアニメ作品もとりあげています。そしていま話題沸騰中の、『おそ松くん』の現代版『おそ松さん』も登場。その魅力を検証するとともに、藤田陽一監督のロングインタビューも掲載しました。

ほかにアラーキーが撮った、チャップリンやバカボンのパパに扮した赤塚不二夫の写真、漫画家にしてイラストレーターの江口寿史とアニメーション監督の大地丙太郎の酔いどれ対談、娘である赤塚りえ子が『天才バカボン』の編集担当者やミュージシャン坂田明に聞いた父の姿、一話完全収録した『天才バカボン』の原画もあります。特別付録として、「おそ松くん」と「天才バカボン」の両面ポスターも付けました。読む人を幸せにする漫画を多く生み出した赤塚不二夫、その存在に刺激されたクリエイター(丸山誠司、最果タヒ、大原大次郎、山本さほ、カレー沢薫、米田渉&畠山祐二)によるトリビュート作品も盛り込みましたが、私たちもトリビュート作品をつくりました。それがこのペン・プラスです。

他の言語

BOOKウォッチログイン

出版社の方へ
御社の書籍も、こちらのコーナーに掲載してみませんか?

このページのトップへ
ニュース
トピックス
特集
ひと登場
メディア
経済
ファイナンス
社会
IT
エンタメ
コアラのマーチの天気予報
ワイドショー
てれび見朱蘭
チャンネルGメン
太田総理
エイガ探偵団
おかわり!王様
Eたび
NHK注目
動画探偵社
TVトピックス
「嵐」注意報
深読み週刊誌
ブログウォッチ
深夜テレビ
放送作家日記
ドラマが好き
プロフェッショナル
クローズアップ
海外セレブ
あなたは何派? TVワンクリック
特番
あなたはどっち?アンケート
映画365日
テレビ業界
細木数子
甲子園
記事一覧
グルメ
乗り物
IT・ガジェット
携帯電話
家電
エンタメ
コスメ・健康
ファッション
イベント
トラベル
ライフ
コラム
カス丸
その他
1クリック投票
新着記事
トラブル
社内結婚
ハケン
サイト拝見
新書ちょっと
クラウド
悩み相談
特集
トピックス
29歳の君へ
できるヤツ
世界一蹴
ITとほほ
非サラリーマン
外資系で働く
転職日記
フリーランス
脱メタボ
債権回収OL
アニメ制作
J-CASTニュースについて
編集長からの手紙
お問い合わせ