アメリカより飛び火したクラフトビールブーム。新しい世界を体験しよう!


2016/7/15 12:00

誌名:Pen2016年8/1号発売日:2016/7/15定価:650円(税込)
 アメリカ人を虜にした、本物のホップだけがもつ美しい香りとキレのある苦味が特徴の、インディア・ペールエール(IPA)をはじめ、クラフトビールはいまや百花繚乱。その中からどれを選べば、おいしいのだろう? そんな迷いを払拭するべく、専門家2人を招き、担当編集者も交えて、審査会を開きました。クラフトビールを、ペールエール、ウィート、スタウト・ポーター、ピルスナー、その他の5ジャンルに分類し、各ジャンルの中でおいしいビールを選びました。こうして選ばれたビールの中で気になる銘柄を見つけたら、今度はそれを飲める店を開拓したいもの。自家醸造やブルワリー直送、驚くほどのタップ数を誇るなど、行きつけにしたくなる店を紹介します。

次に視点を変えて、クラフトビールの歴史やつくり手をとり上げます。アメリカ西海岸ナパバレーで、45年間ビールをつくり続けてきた伝説の男に、クラフトビールの発祥と現状について訊きました。国内も、実力派ブルワリーがある伊豆、志賀高原、佐久、那須高原、一関、箕面の6カ所を訪問し、個性的なビールづくりを伺いました。

ほかにはクラフトビールに合うおつまみ、たとえばミントポテサラ、チリハニーコーン、カレーなどを紹介する記事もあります。1本のクラフトビールをきっかけに広がる新しい世界。その1本を見つけるためのクラフトビール大特集となりました。

◆第2特集は、「ルーヴル美術館で、漫画はアートになった。」
フランスで従来芸術といわれていたのは8分野、建築、彫刻、絵画、音楽、文学(詩)、演劇、映画、メディア芸術でしたが、昨今9番目の芸術として、フランス語圏で発展した漫画文化、「バンド・デシネ(BD)」が登場しています。BDはルーヴルも注目し、2003年から「ルーヴル美術館BDプロジェクト」が進行中。現在日本の作家松本大洋もプロジェクトに参加し制作に携わっています。そんなルーヴルの漫画が日本にやってきます。題して「ルーヴルNo.9~漫画、9番目の芸術~」、その概要を紹介します。

他の言語

BOOKウォッチログイン

出版社の方へ
御社の書籍も、こちらのコーナーに掲載してみませんか?

このページのトップへ
ニュース
トピックス
特集
ひと登場
メディア
経済
ファイナンス
社会
IT
エンタメ
コアラのマーチの天気予報
ワイドショー
てれび見朱蘭
チャンネルGメン
太田総理
エイガ探偵団
おかわり!王様
Eたび
NHK注目
動画探偵社
TVトピックス
「嵐」注意報
深読み週刊誌
ブログウォッチ
深夜テレビ
放送作家日記
ドラマが好き
プロフェッショナル
クローズアップ
海外セレブ
あなたは何派? TVワンクリック
特番
あなたはどっち?アンケート
映画365日
テレビ業界
細木数子
甲子園
記事一覧
グルメ
乗り物
IT・ガジェット
携帯電話
家電
エンタメ
コスメ・健康
ファッション
イベント
トラベル
ライフ
コラム
カス丸
その他
1クリック投票
新着記事
トラブル
社内結婚
ハケン
サイト拝見
新書ちょっと
クラウド
悩み相談
特集
トピックス
29歳の君へ
できるヤツ
世界一蹴
ITとほほ
非サラリーマン
外資系で働く
転職日記
フリーランス
脱メタボ
債権回収OL
アニメ制作
J-CASTニュースについて
編集長からの手紙
お問い合わせ