有田焼創業400年、自分だけの一点ものを求めて有田へ行こう!


ジャンル:暮らし   タイプ:暮らしに彩り
2016/9/29 18:18

書名:きんしゃい有田 珠玉の器紀行編者:ARITA SELECITONプロジェクト発売日:2016/9/29定価:本体1600円(税別)
 日本で初めて焼かれた陶器、有田焼は、今年創業400年。そんな記念すべき年に、有田の陶芸作家の作品を手に入れてみるのはいかがしょうか。自分だけの宝物となります。作品は床の間に飾って鑑賞するのもいいですが、それよりも身の周りに置いて日々使うことをお薦めします。食卓で料理を盛ったり、一息つくときにお茶を注いだり、ときには庭の小さな草花を生けたり……本来焼物は生活に根差したもの。愛着が湧いてきます。

さらには、陶芸作家や窯元を訪れ、作家から直接話をうかがう機会を得られれば、有田焼を見るたびに、そして使うたびに、つくった人たちの表情や言葉が蘇り、焼物があなたに語りかけてきます。それは絵付けであったり、染付であったり、白磁のことや、青磁のことかもしれません。

本書では、そんな疑似体験ができます。有田の陶芸作家16人の紹介と、重要無形文化財青磁保持者、中島宏さんのインタビューを掲載。手仕事の詳細を知るほどに、作品の美しさを見るほどに有田焼の魅力を感じられます。名人たちの熱い息吹に触れたなら、きっと有田へ行きたくなるはず。思い立ったら、作家の工房マップつきの本書片手に旅立ちましょう。

※書名にある「きんしゃい」とは、佐賀地方の方言で「いらっしゃい」という意味。

■編者紹介
ARITASELECITONプロジェクト
佐賀県が“世界の有田焼”の実現のために、有田焼の市場開拓、産業基盤整備、情報発信に向けて取組んでいるプロジェクトのひとつ。創業400年という歴史と、妥協のないもの作りを続ける窯元の魅力を伝えます。2015年に刊行した『きんしゃい有田豆皿紀行』(CCCメディアハウス刊)に続き、『きんしゃい有田 珠玉の器紀行』をプロデュースしました。
ジャンル:暮らし   タイプ:暮らしに彩り

他の言語

BOOKウォッチログイン

出版社の方へ
御社の書籍も、こちらのコーナーに掲載してみませんか?

このページのトップへ
ニュース
トピックス
特集
ひと登場
メディア
経済
ファイナンス
社会
IT
エンタメ
コアラのマーチの天気予報
ワイドショー
てれび見朱蘭
チャンネルGメン
太田総理
エイガ探偵団
おかわり!王様
Eたび
NHK注目
動画探偵社
TVトピックス
「嵐」注意報
深読み週刊誌
ブログウォッチ
深夜テレビ
放送作家日記
ドラマが好き
プロフェッショナル
クローズアップ
海外セレブ
あなたは何派? TVワンクリック
特番
あなたはどっち?アンケート
映画365日
テレビ業界
細木数子
甲子園
記事一覧
グルメ
乗り物
IT・ガジェット
携帯電話
家電
エンタメ
コスメ・健康
ファッション
イベント
トラベル
ライフ
コラム
カス丸
その他
1クリック投票
新着記事
トラブル
社内結婚
ハケン
サイト拝見
新書ちょっと
クラウド
悩み相談
特集
トピックス
29歳の君へ
できるヤツ
世界一蹴
ITとほほ
非サラリーマン
外資系で働く
転職日記
フリーランス
脱メタボ
債権回収OL
アニメ制作
J-CASTニュースについて
編集長からの手紙
お問い合わせ