読むべき本、見逃していない?

ジャニーズはテレビの進化に対応して生き延びてきた

  • 書名 テレビとジャニーズ
  • サブタイトルメディアは「アイドルの時代」をどう築いたか?
  • 監修・編集・著者名太田省一 著
  • 出版社名発行blueprint 発売垣内出版
  • 出版年月日2018年3月26日
  • 定価本体価格1600円+税
  • 判型・ページ数四六判・233ページ
  • ISBN9784773405064

 昨年(2017年)のアイドル界最大の話題は、ジャニーズ事務所所属のSMAPの解散劇だったろう。誰が残り、誰が独立するのか、その帰趨に国民の眼が集まった。本書『テレビとジャニーズ』(発行blueprint、発売垣内出版)の著者太田省一さんは、東大大学院博士課程で社会学を修めた社会学者。『木村拓哉という生き方』『SMAPと平成ニッポン』などの著書をもつアイドル分析の第一人者でもある。

 太田さんによると、彼らがバラエティーで成功したことが、SMAP以降のジャニーズグループの大きな目標の一つとなったという。

 ジャニーズ事務所の創設は1962年。それからの55年の歴史をたどり、多くのグループの活動を分析している「テレビとジャニーズの55年史」が面白い。

 歌番組、バラエティーだけではなく、スポーツ番組への進出(キャスターのパイオニアになったのがSMAPの中居正広)、さらにニュース番組への進出(嵐の櫻井翔やNEWSの小山慶一郎)と今や、歌って踊るだけのアイドルでは通用しない。アイドルとしての寿命、賞味期限が長くなったことがその背景にあるようだ。

 グループとしての活動とともに、メンバーの個性を生かした「深掘り」が最近の特徴だという。料理、アニメ、DIYと趣味が芸になる時代なのだ。考えてみると、テレビの進化に対応してきたからこそ、ジャニーズグループがこれほどテレビを席巻しているのだろう。太田さんは今年(2018年)1月2日にTBSで放送された「クレイジージャーニー正月SP」に滝沢秀明が旅人として登場し、バヌアツの火山を探検したことに注目する。ジャニーズJr.の中核だった滝沢がなぜ、そんなマニアックな番組に出たのか? 「進化」への対応がその理由だろう。

 冒頭のSMAPの話に戻ると、独立したメンバーはそれぞれ活躍の場を確保し、これからもテレビにも登場するようだ。ジャニーズのくびきを解かれた彼らがどんな活動をするのか、全国のジャニーズファンも注目しているだろう。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub