読むべき本、見逃していない?

松坂桃李「 R18指定」の衝撃

  • 書名 娼年
  • 監修・編集・著者名石田 衣良 著
  • 出版社名株式会社 集英社
  • 出版年月日2004年5月25日
  • 定価本体400円+税
  • 判型・ページ数文庫判・223ページ
  • ISBN9784087476941
BOOKウォッチ編集部コメント

 石田衣良の『娼年』を原作とする映画『娼年』が、4月に公開された。2016年には三浦大輔演出、松坂桃李主演で舞台化され、話題となった。今回、同じコンビで原作の完全映画化が実現され、観る者の感情を刺激する、R18指定の衝撃作が誕生した。

 著者は『娼年』を書くと決めた当時について、「数冊を世に送ったばかり。同じようなものを書くのは嫌。そこで選んだテーマが『現代の愛と性』だった」と振り返る。「大学生の娼夫が性の仕事をしていくなかで、成長していくストーリー。セックス表現からは絶対に逃げないで書きたい」と、当時の担当編集者に説明したという。

 十歳のリョウは、熱を出して学校を休んでいた。「あたたかくしていい子にしてね」と言い残し、母は出かけて行った。その夜、母は帰ってこなかった。あの日の夢を繰り返し見ては、涙で頬を濡らしてリョウは目覚める。

 二十歳のリョウは、世の中すべてつまらなく感じ、バーでのバイトをしながら無気力な生活を送っていた。ある日バーに現れたのは、御堂静香という四十代ほどの魅力的な女性だった。

 「女なんてつまらない」と言うリョウに、「わたしがあなたのセックスに値段をつけてあげる。自分の退屈なセックスの価値を知りたくない?」と御堂静香は話を持ちかけ、リョウに「情熱の試験」を受けさせる。それは、静香が手がけるボーイズクラブで働くための試験だった。

 試験に合格したリョウは、身体を売ることに迷いはあったが、「情熱」を探し、「居心地よく退屈な二十歳の檻を破れるかもしれない」と考え、娼夫になると心に決める。

 リョウは何事にも無関心だった頃とは別人のように、娼夫の仕事にのめりこんでいく。御堂静香に母親の面影を重ねたのか、リョウは性の世界に魅かれ、隠れた才能を発揮する。『娼年』には、娼夫という仕事の激しさ、厳しさと、リョウの心の静けさ、優しさが共存している。

 石田衣良は、1997年『池袋ウエストゲートパーク』でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。2003年『4TEEN フォーティーン』で直木賞を受賞。『娼年』は、集英社から2001年7月に単行本として刊行、04年5月に文庫化され、01年の直木賞候補となった。2008年に続編『逝年』が、今年4月にシリーズ3作目・完結編『爽年』が、ともに集英社から出た。


BOOKウォッチ編集部 Yukako)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub