読むべき本、見逃していない?

この男「アリ」or「ナシ」・・・女の判定基準は?

  • 書名 モテたいわけではないのだが
  • サブタイトルガツガツしない男子のための恋愛入門
  • 監修・編集・著者名トイアンナ 著
  • 出版社名株式会社イースト・プレス
  • 出版年月日2018年4月20日
  • 定価本体686円+税
  • 判型・ページ数文庫判・237ページ
  • ISBN9784781671680
BOOKウォッチ編集部コメント

 本書『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』(イースト・プレス、2018年)は、WEBメディア「メンズファッションプラス通信」の人気連載「トイアンナの男子改造計画」を大幅に加筆修正したもの。

 著者のトイアンナは、外資系企業でマーケティングを約4年担当したあと独立。主に恋愛系の記事を執筆するライターとなり、800人以上の相談実績から、独自の恋愛・婚活分析論を展開している。

 著者によると、最近は「モテる男になるべし」というプレッシャーは弱まりつつあり、恋愛市場でガツガツ勝ちたい男性は少数派。「学生時代にそつなく彼女ができて、そのまま結婚する」が、多くの20代男性にとっての「理想」だという。実は、そうした男たちは「女性が無意識に男性を足切りする際の判定基準」をクリアしている。

 本書は、「1章 ファッションをととのえる」「2章 メンタルをととのえる」「3章 コミュニケーションをする」「4章 深いお付き合いをする」の4章で構成されている。1~4章の各段階で、女性が「ナシ」と判定する際の基準を明らかにし、その基準をさらっと超えるノウハウを伝授している。

 「イケメンすら台無しなタブー3カ条」「誠実な男子が報われず、チャラいあいつがモテる理由」「デート後に振られる男子のよくある失敗例」「実らない恋の見極め方」「嫌われてしまったときの処方箋」など、女性が見ても気になる31の項目が並ぶ。

 恋愛に対して身構えてなかなか1歩を踏み出せない、数々の失敗を重ねて停滞している、そうした恋愛に消極的な男性たちにとって、ズバッと厳しく、愛情深く指南してくれる本書は、頼れる存在になるだろう。

 男女のキャリア・生き方を考える著者のブログ「トイアンナのぐだぐだ」は、月間50万PVを記録。著書に『恋愛障害 どうして「普通」に愛されないのか?』(光文社)などがある。

BOOKウォッチ編集部 Yukako)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub