読むべき本、見逃していない?

松坂桃李「R18指定」の完結編

  • 書名 爽年
  • 監修・編集・著者名石田 衣良 著
  • 出版社名株式会社 集英社
  • 出版年月日2018年4月10日
  • 定価本体1400円+税
  • 判型・ページ数単行本・176ページ
  • ISBN9784087711394
BOOKウォッチ編集部コメント
 石田衣良の『娼年』(2004年)を原作とする映画『娼年』が、4月に公開された。観る者の感情を刺激する「R18指定」の衝撃作として、話題を呼んでいる。続編『逝年』(2011年)に続き、完結編『爽年』(いずれも集英社)が4月に単行本として刊行された。

 『娼年』では、人生にも恋愛にも退屈していた二十歳のリョウが、娼夫の道に足を踏み入れ、別人のように娼夫の仕事にのめりこんでいく。ところが、所属するボーイズクラブのオーナー・御堂静香が摘発され、クラブは解散に追い込まれる。

 『逝年』は、その1年後、リョウが仲間と共にクラブを再出発させるところから始まる。しばらくして静香は出所するが、彼女はエイズを発症していた。11歳で母を亡くしたリョウにとって、2番目の母だった静香。リョウは、静香の死が刻々と迫る中、自分にできることを力の限りやってみようと思い立つ。リョウの決心で、最愛の女性の命が、最期の輝きを見せることになる。

 本書『爽年』は、7年間を超える娼夫生活が、リョウをどんなふうに変え、どんなふうに変えなかったのか。一生の仕事だと考えていた娼夫の仕事にどう決着をつけるのか。リョウの心の動きを追い、最後の決断を見届けることになる。

 「生涯一娼夫。ぼくはどんな老人になるのだろう」「なにか大切なものを失っているのではないか」と、30歳を控えたリョウは考え始める。娼夫の仕事に抱く誇りと信念は、揺るがないかと思われた。ただ、ここへ来てリョウが感じるあせりや違和感も、自然な感情だろう。自分自身の幸せと天職と呼べる仕事、その折り合いをどうつけるのか。リョウの決断は最後まで予想できない。

 リョウの客は、誰もが人に言えない悩みを抱えていたり、特殊な性癖を持っていたりする。彼女たちはリョウとの触れ合いを通して、自己を肯定できるようになる。本書は性的描写のインパクトが大きいが、同時に、性に対する固定観念が払拭される。リョウの仕事はつまり、人間本来の幸せを追求することなのだろう。

 『娼年』シリーズは、累計100万部を突破したそうだ。

BOOKウォッチ編集部 Yukako)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub