読むべき本、見逃していない?

『居酒屋ぼったくり』の著者が書きたかった小説

  • 書名 向日葵のある台所
  • 監修・編集・著者名秋川滝美 著
  • 出版社名株式会社KADOKAWA
  • 出版年月日2018年8月30日
  • 定価本体1500円+税
  • 判型・ページ数四六判・293ページ
  • ISBN9784041072035
BOOKウォッチ編集部コメント

 『居酒屋ぼったくり』の著者、秋川滝美さんの新刊小説『向日葵のある台所』(株式会社KADOKAWA)が出た。『居酒屋ぼったくり』(アルファポリス)は、下町のほのぼのとした人情味のある居酒屋が舞台で、書籍、コミック、文庫化され累計65万部、今年(2018年)春にはテレビドラマ化された人気コンテンツだ。ところが本書は母親の介護をめぐり、姉妹が対立するというシリアスな内容。「これを書くために小説家になった」という秋川さんの自信作だ。

 学芸員の麻有子(46)は、東京の郊外で、中学2年生の娘・葵と穏やかに暮らしていた。ところがある日、姉の鈴子から「母が倒れたので引き取ってほしい」という電話がかかってくる。母とも姉とも折り合いが悪かったため田舎を出て、東京の大学に入り、働いていたのにと思いながら、駆けつけると、引き受けざるを得なくなってしまう。

 「いったん引き受けて、やはり居心地が悪いと自主的に戻ってもらおう」という葵の提案を受けて、絶縁状態だった母との同居が始まった。ひとつきたち、やがて5か月がたち、麻有子と母はじっくり向き合うことに......。

 しかし、はやりの介護をテーマにしたぎすぎすした小説ではない。「すとん、すとん、すとん、すとん......」胡瓜を薄切りにする包丁の音から作品は始まる。麻有子は薄く切った胡瓜を和え物にしたり、乱切りにして塩昆布とごま油で和えたりと、胡瓜は欠かせない食材だ。

 切った胡瓜に粗塩を振り、20分待つ。その後、水で塩を洗い流す。ひと手間が大事だと母にたたきこまれたのだった。この冒頭のシーンの意味が読み終わり、ふたたび胸にせまってくる。

 生活のひとこま、ひとこまがとても大切に書かれた作品だ。グラタンのホワイトソースも手作りする。「牛乳に小麦粉とバターとコンソメキューブを入れ、くるくるとかき混ぜながら温めていく」。時短になるし、ダマにもならず焦げもしないうまい方法だ。簡単な材料をつかい、ひと手間かけて料理する。『居酒屋ぼったくり』で鍛えた料理の腕は本書でも健在だ。

 家族関係のしこりも長い時間かけておかしくなったのだから、ゆっくりと時間をかけて解決するしかないだろう。本書のシリアス・まじめ路線は、秋川さんの新たな引き出しになるかもしれない。  

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる >

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub