読むべき本、見逃していない?

平成が終わろうとする今、朝井リョウが描く時代の"闇"――。/抽選で5名様にプレゼント!

PR
  • 書名 死にがいを求めて生きているの
  • 監修・編集・著者名朝井リョウ 著
  • 出版社名中央公論新社
  • 出版年月日2019年3月10日
  • 定価 本体1600円+税
  • 判型・ページ数四六判・473ページ
  • ISBN9784120051715
  • 備考提供:中央公論新社

 『桐島、部活やめるってよ』で鮮烈にデビューし、2013年に『何者』で直木賞を受賞した朝井リョウさんの2年7ヶ月ぶりの長編小説『死にがいを求めて生きているの』(中央公論新社)が刊行された。

 南水智也、堀北雄介の二人は北海道で生まれ、幼なじみとして育った。二人はともに北海道大学に進学、青春を謳歌する。しかし、ある日、不穏な事件が動き出す。
 植物状態のまま病院で眠る智也と、献身的に見守る雄介。二人の間には何があったのか? 毎日の繰り返しに飽きた看護士、クラスで浮かないように立ち回る転校生、注目を浴びようともがく大学生らの視点から、二人のいびつな真実が描かれる。そして「平成」という時代の"闇"が浮かび上がってくる。

 朝井さんは伊坂幸太郎さんとの対談(読売新聞3月21日付)で、「私はゆとり教育まっただ中の世代で、個性を伸ばそうという魔法の言葉を聞いて育った。ただ、今冷静に考えると、自分らしく、人と比べないで生きることが可能なのかと違和感も抱く。競争のないゆとりある世界の地獄を書きたかった」と本作に込めた思いを語っている。

 「ナンバーワン」よりも「オンリーワン」であることを求められた平成の時代。それが若者へのプレッシャーになっていたとしたら......。そんな視点で書かれた作品が、いま、多くの共感を呼んでいる。
 若者の心情、生態の描写にかけては当代一と定評のある朝井さんが、生々しくリアルに平成を生きる若者たちを描いた作品。
 平成が終わろうとしている「今」こそ、多くの読者に読んでもらいたい一冊だ。

【フォロー&RTでプレゼント】
(締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。)
 本書『死にがいを求めて生きているの』を、抽選で5名様にプレゼントします。
 応募は、J-CAST BOOKウォッチの公式ツイッターアカウント(@jcast_book)をフォロー&該当ツイートをリツイートして応募してください!
 既に@jcast_bookをフォロー済みの方は、リツイートいただければ応募完了です。
 締切:2019年4月15日(月) ※締め切りました。
 ご当選者様には、ダイレクトメッセージでご連絡します。
 ご応募はこちらから。
 URL https://twitter.com/jcast_book/status/1111191823765004288
 「返信」や「いいね」も大歓迎です! よろしくおねがいします!

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

文学 歴史の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub