読むべき本、見逃していない?

吉本芸人の出版が止まらない。今度は、料理本!

  • 書名 最強!肉レシピ
  • 監修・編集・著者名たけだバーベキュー 著
  • 出版社名池田書店
  • 出版年月日2019年4月18日
  • 定価本体1,000円+税
  • 判型・ページ数新書判・160ページ
  • ISBN9784262130422

 吉本興業に所属する芸人は約6000人。人数もさることながら所属メンバーには異才が多い。もはや有名画家として大成したジミー大西さん、作家として芥川賞を受賞した又吉直樹(ピース)さん、ビジネスマンとしても注目され、絵本作家としてもヒット作を持つ西野亮廣(キングコング)さんなど、枚挙にいとまがない。本欄でも、お笑い芸人の「夫婦のじかん 大貫さん」のコミックエッセイ『母ハハハ!』を先月に紹介済みだ。山里亮太さんはJ-CASTニュースの名誉編集長にもなり、相方の山崎静代さんはボクシングに取り組んだ。

 そんな吉本芸人の一人が、今度はレシピ本を刊行した。『最強!肉レシピ』(池田書店)は、お笑い芸人のたけだバーベキュー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)さんによる、家庭でできる肉料理のレシピ本。芸名からもわかる通り、野外バーベキューの印象が強い彼だが、本作は、意外にもインドアのレシピ集となっている。

 なぜインドアなのかといえば、スーパーの肉を美味しく食べる方法を紹介したいという思いから、火加減が調整しやすい家庭向けにしたとのこと。
 スーパーのお肉を美味しく調理する秘訣は、「調理する前に、お肉の周りの汁を良く拭いてください。それだけで、味がだいぶ変わります。それから、冷凍物の場合は、常温での解凍をこころがけてください」。バーベキューは豪快なイメージだが、なかなかマメである。

 ところで、本書は、料理の基本書ではない。きちんとした切り方のセオリーなどには、重きを置いていないとのこと。また、栄養バランスも考えてはいないそうだ。その点を求める場合は、他のレシピ本がしっくりくるだろう。
 こまかな解説を割愛した分、休日にあまり料理をしない人でもチャレンジできるように、なるべく写真で伝える構成になっている。

バウムクーヘンを肉で巻く? ほんとに美味しいのか?

bb.jpg
甘辛!豚バラバウム(本作より:写真/加瀬健太郎氏)

 おすすめのメニューは、「甘辛!豚バラバウム」だそうだ。本作の82ページに掲載されている。バウムクーヘンを豚バラ肉で巻いた料理。いったいどんな味がするのだろう。ふつうは全く思いつかない組み合わせだ。さすが吉本芸人としか言いようがない。単なるネタなのか、それともシュールな逸品なのか。関心がある方は、だまされたつもりでゴールデンウィークに、挑戦してみてはいかがだろうか。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub