読むべき本、見逃していない?

日韓で反響! 懸命に生きる「平凡な私たち」へのエール

  • 書名 私は私のままで生きることにした
  • 監修・編集・著者名キム・スヒョン 著 / 吉川 南 訳
  • 出版社名株式会社ワニブックス
  • 出版年月日2019年3月 5日
  • 定価本体1300円+税
  • 判型・ページ数A5判・287ページ
  • ISBN9784847097539

 鮮やかな紫色のカバーが目を引く。本書『私は私のままで生きることにした』(ワニブックス)は、韓国のイラストレーター兼作家のキム・スヒョンさんによるイラストエッセイ。「日々を懸命に生きる、平凡な私たちへのエール」が国境を越えて共感を呼び、韓国で70万部、日本で15万部(2019年5月現在)を突破した。

「ありのままの自分として」

 「何から何まで中途半端。年齢も、経歴も、実力も......。なぜ、私はみじめだと感じるのか。なぜ、私は不完全なのか。なぜ、私は何者でもないのか」――。こうした無力感を覚えたことのない人は、おそらくまれだろう。本書は、著者自身が感じてきた「私がなぜ自分をみじめだと思ったのか、何が私をみじめにさせたのか」という疑問への答えを導き出していく。

 「Part1 自分を大切にしながら生きていくためのto do list」「Part2 自分らしく生きていくためのto do list」「Part3 不安にとらわれないためのto do list」「Part4 共に生きていくためのto do list」「Part5 よりより世界にするためのto do list」「Part6 いい人生、そして意味のある人生のためのto do list」から成り、各Partに10個前後の項目が並ぶ。特に印象に残った言葉を紹介したい。

「子どものころの幻想と期待から抜け出して、特別ではない普通の人として自分の人生を築こう。大人がやるべき宿題とは、そういうものなのかもしれない」
(「普通であれば十分に幸せ」)
「生きていれば、おかしなことも起こりうる、人生にはこのくらいの無駄はどうしても必要だ、人生は常に効率的なんてことはありえない、初めての人生だから自分にはちょっと難しかった、と思おう」
(「人生に余白と失敗のための予算を確保しよう)

 著者は、本書のゴールを「ごく普通の私が、他人を妬むことなく冷たい視線に耐えながら、ありのままの自分として生きていくために」としている。著者自身を含む「普通の人」に「そのままでいい」とストレートに語りかけるその誠実な言葉と発想力豊かなイラストが、本書を特徴づけている。

韓国社会に根づく価値観を知る

 著者のキム・スヒョンさんは、イラストレーター兼エッセイスト。本書の韓国語版は2016年に刊行された。大学卒業後に大企業の就職に失敗した経験から自身を見つめ直し、「他人に認められることで自分の価値を証明」しようとしていたと気づく。「誰かの期待に応えるために生きるのではなく、自分のために、自分らしく生きよう」との呼びかけが、韓国社会で広く共感を呼ぶ。

 訳者の吉川南さんは「韓国の若者たちが抱いている不満や不安、怒り、やるせなさを、著者が代弁し、読者にやすらぎや勇気を与えてくれた」「同じ悩みを抱える日本のみなさんにも、大きな力を与えてくれることだろう」と結んでいる。

 評者の場合、韓国との接点はK-POPとニュースだけだったが、本書を読み、外からではなかなかわからない韓国社会に根づく価値観(なんでも数字に置き換えるのが好き、集団の調和を重んじるなど)に初めて触れた。評者と同世代の著者が韓国を、世界をどう見ているのか、生きることについてどう考えているのかを知った。日本の中で悶々と考え続けるより、一度思考の舞台を日本の外に置くことで視野が広がり、より多様に自分の生き方を掘り下げていけるだろう。

 本欄では韓国でミリオンセラーになり、日本でも話題の『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)も紹介している。また、「韓国・フェミニズム・日本」を特集した文芸誌「文藝」が発売5日で異例の重版になったことも伝えている。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub