読むべき本、見逃していない?

陸上自衛隊特殊作戦群が竹島"奪還"!? そのとき航空自衛隊司令部は――?

PR
  • 書名 黎明の笛
  • 監修・編集・著者名数多久遠 (著)
  • 出版社名祥伝社
  • 出版年月日2014年3月11日
  • 定価1,400円+消費税
  • 判型・ページ数300ページ
  • ISBN9784396634346
 元空自幹部の著者が放つ迫真のエンターテインメント登場!
陸上自衛隊特殊作戦群が竹島"奪還"!?
そのとき航空自衛隊司令部は――?

情報を武器とするハイスピードな頭脳戦。
明日起こるかも知れない日本の危機を描く!

自衛官が白昼、路上で刺殺された。それが始まりだった――。
空自幹部の倉橋日見子は、二年間交際していた陸自・特殊作戦群の秋津和生からプロポーズをうける。
だが、上司に婚約の報告をしたその日から、日見子に対する情報保全隊の執拗なマークがはじまった。
身辺を疑われる覚えのない日見子は、情報班の部下、安西とともに真相を探るべく、密かに動き出す。
その矢先、秋津率いる約四〇名が演習場から突然失踪。
直後、「竹島を"奪還"した」という驚愕の一報が!
緊張が走る航空総隊司令部。
はたして失踪メンバー、秋津たちの真の目的は?
そして日本政府は、自衛隊はどう動くのか?
情報の閉ざされた中、日見子の孤独な二四時間の戦いがはじまる......。

航空総隊司令部を舞台に元空自幹部の著者が放つ、緊迫感あふれる異色のエンターテインメント!
アマゾンKindle電子書籍で話題の長編冒険サスペンスが大幅改稿パワーアップして単行本化!
単行本版からの電子書籍も同時発売です!

黎明の笛 数多久遠 (著)

【著者略歴】
数多久遠(あまたくおん)
航空自衛隊在職中から小説を書き始める。
退官後、ネットで第一作「日本海クライシス2012」を発表。
2012年、本書の原型となる電子書籍「黎明の笛 KDP版」をアマゾンから個人出版し、好評を博す。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

祥伝社

一般書籍から新書、文庫、雑誌、コミックスと幅広いジャンルの出版物を手掛ける総合出版社です。
・雑 誌 「nina’s」「FEEL YOUNG」「からだにいいこと」「小説NON」「onBLUE」 など
・書 籍 一般書・実用書 ノン・ノベル 祥伝社新書 祥伝社文庫 祥伝社黄金文庫 四六判図書・文芸書 祥伝社ムック フィールコミックス 祥伝社コミック文庫 など

記事一覧 公式サイト

祥伝社の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub