読むべき本、見逃していない?

「人口減少時代の土地問題」吉原祥子著

  • 書名 人口減少時代の土地問題
  • サブタイトル「所有者不明化」と相続、空き家、制度のゆくえ
  • 監修・編集・著者名吉原祥子
  • 出版社名中公新書
  • 出版年月日2017年7月19日
  • 定価760円+税
  • 判型・ページ数191ページ
  • ISBN9784121024466

四国どころか、九州を超える面積の土地が、誰のものかわからない――。

持ち主の居場所や生死が判明しない土地の「所有者不明化」が、日本各地で進んでいる。日本の私有地の約20%で、所有者がわからないのだ。空き家、耕作放棄地問題の本質であり、人口増前提だった日本の土地制度の矛盾の露呈だ。

過疎化、面倒な手続き、地価の下落による相続放棄などで、農村から都市へ急速に増えている。放棄したからといって、寄付を申し出たからといって、国や自治体は受け取らない。不要な土地は"拒否"されるからだ。

土地が資産としてもてはやされるのは、大都市の一部のみ。土地は「負動産」になる時代が来たのだ。本書はその実情から、相続・登記など問題の根源、行政の解決断念の実態までを描いていく。あなたは土地の処分、どうしますか?

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

       

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub