読むべき本、見逃していない?

「結婚不要社会」 山田昌弘著

  • 書名 結婚不要社会
  • 監修・編集・著者名山田 昌弘 著
  • 出版社名朝日新書
  • 出版年月日2019年5月14日
  • 定価本体750円+税
  • 判型・ページ数新書判・200ページ
  • ISBN9784022950208

「できない」から「要らない」へ。困難から不要へ。平成30年で、結婚をとりまく社会環境はどう変わったか。欧米とは違うかたちで〝結婚不要〟になりつつある日本社会の男女の実態が1冊になった。

なぜ、結婚が「必要」なのか?その問いで明らかになるのは、近代的結婚の決定的な矛盾である。好きな相手が経済的にふさわしいとはかぎらないし、経済的にふさわしい相手を好きになるともかぎらない。しかも、結婚は個人の自由とされながら社会は人々の結婚・出産を必要としている...。これらの矛盾が別々に追及されるとき、結婚は困難になると同時に不要になるのである。

「結婚は社会の鏡」を持論とする社会学者の著者が、日本人女性が結婚相手の収入をゆずらない理由や、「おひとりさま」で幸せな日本人のフシギを徹底的に論じた本書の全貌は、ずばりホンネの社会学である。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

記事一覧 公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub