読むべき本、見逃していない?

60代でもビキニが似合うボディに?短時間だけどキツいA.R.M.式スクワットとは(1)

  • 書名 『週1回15分スクワット 還暦でビキニになる!』
  • 監修・編集・著者名竹村啓子
  • 出版社名みらいパブリッシング

年齢のせいか長年の運動不足のせいか、自分の体型の変化や体力の衰えが気になる方は少なくないはず。

衰えを感じたままだと気持ちも下向きになりがちだ。自信を持って毎日を過ごすためにも、まずは体の衰えに向き合って、もう一度鍛えてみるのもいいかもしれない。

『週1回15分スクワット 還暦でビキニになる!』(みらいパブリッシング刊)は週に一度、しかも15分程度、だけどやってみるとかなりキツいA.R.M.式スクワットと呼ばれるエクササイズを紹介する一冊。

今回は著者の竹村啓子さんにこのエクササイズについて、そして始めた後に感じた変化についてお話をうかがった。

――『週1回15分スクワット 還暦でビキニになる!』は竹村さんの初めての著作です。まずは本書をお書きになった経緯を教えていただけますか?

竹村:私は普段スポーツクラブでエクササイズの指導をしているのですが、いらっしゃる方々に健康にまつわるお話をすると喜ばれることが多いんです。私自身、60歳をすぎてこれまでインプットした色々な知識や情報を直接お会いした方以外にも伝えていければいいと思ったこともあって今回の本を書かせていただきました。

健康や体について悩んでいる方は多いので、そういった方々に何か有益なことをお伝えするのも人生のお役目かなと思っています。自分自身の終活の一つでもありますね。

――どういった悩みが寄せられるのでしょうか。

竹村:やはり女性は痩せたい、男性はお腹が出てきた、というのが多いです。あとは運動不足で疲れが取れにくいとか、夜眠れない、病院で処方される薬がどんどん増えていく、高血圧や糖尿といった悩みもよく聞きます。

――そういった方がスポーツクラブにいらっしゃる。

竹村:そうですね。ただスポーツクラブに通っても、走ったり水泳をするだけではなかなか改善しない部分もあるんです。そういった方にこの本で紹介したようなA.R.M式スクワットを指導しています。

――年齢でいうとおいくつくらいの方々が多いのでしょうか。

竹村:スクワットのトレーニングに来る方は40代から50代の方が多いですね。

――ちょうど体力的にも下り坂になる年代です。

竹村:そうですね。若い頃運動していた方も多いのですが、そうはいっても筋肉の貯金は自然に減っていきます。今のうちから筋肉を増やすエクササイズはやっておいた方がいいと思います。

――竹村さんご自身もA.R.M式スクワットをされていると聞きました。始めてからどのような変化がありましたか?

竹村:私が始めたのは55、56歳くらいからなのですが、まずケガをしにくくなりましたね。それより前から運動の指導はやっていたのですが、捻挫とかちょっとしたケガをよくしていたんです。接骨院の常連になるくらい。それがスクワットを始めてからまったく行かなくなったというのが大きな変化です。筋力がついたのもありますが、体のバランスが良くなったのだと思います。

あとは太りにくくなったというのと、圧倒的に体力がついたと思います。今でも階段を走って昇れますからね。

――以前は引っ込み思案な性格だったと書かれていました。スクワットやそれによるフィジカル面での変化によって精神的にも変わったところはありましたか?

竹村:きついエクササイズを乗り越えたということでメンタルは強くなったと感じます。加えて、先ほどお話ししたように、スクワットによってケガをしにくくなったり、太りにくくなった一方で、周りの同年代の知人は老けていったり姿勢が悪くなっている。

それを見て自分がそれまでコンプレックスだった点が気にならなくなった気がします。「別に脚が短くてもいいや」とか「言葉がちょっとどもっていても自分はこれでいいんだ」と思えるようになりました。

――私も本を参考にやってみましたが、相当にきつかったです。「週に1回15分」と書かれていたので楽なように思っていましたが、「もう十分」という感じでした。

竹村:その15分間でやりきるというイメージですね。そこで使った筋肉の修復のために1週間空けます。

筋肉は限界を少し超えたところまで追い込まないと強くなりません。その意味では一人でやるとどうしてもきついところでストップしてしまうので、パーソナルトレーナーがついてくれるところでやる方がトレーニングとしてはいいと思います。

(後編につづく)

関連記事

人気作家が語る「アンチ集中力」のススメ

三日坊主の人でも継続力がつく 朝にやるべきたった一つのこと

「30歳までに出産しないのはありえない」焦った女子の行く末が驚きの形に

お金が遠ざかる人がやっている「お金持ちになれない」3つの習慣

株式会社オトバンク「新刊JP」

次これ読もう、が見つかる「新刊JP」 日本最大級の書籍紹介ウェブサイト。話題の書籍や新刊本をブックナビゲーターが音声で紹介するインターネットラジオ番組「新刊ラジオ」や、書評記事、イベントレポート、出版業界の動向などを提供するニュースメディア「新刊JPニュース」、旬の作家のインタビューを掲載する「ベストセラーズインタビュー」、書店をフィーチャーした企画や電子書籍レビューなど、本にまつわるコンテンツを豊富に揃えています。あなたの「あ、これ読みたい」が見つかるはずです。

記事一覧 公式サイト

新刊JPニュースの一覧

一覧をみる >

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub