読むべき本、見逃していない?

無くならないストーカー被害、社会の仕組みは万全なのか?

PR
  • 書名 改訂 ストーカー 被害に悩むあなたにできること
  • サブタイトルリスクと法的対処
  • 監修・編集・著者名弁護士・長谷川京子/共同通信社社会部・山脇絵里子 著
  • 出版社名日本加除出版
  • 出版年月日2017年6月16日
  • 定価 本体1,800円+税
  • 判型・ページ数A5判・240頁
  • ISBN9784817844019
  • CコードC2032

2017年6月14日に改正ストーカー行為規制法が全面施行されました。

 ストーカー行為規制法は桶川ストーカー事件を契機に2000年に成立しました。ですが、通信技術の進歩によってつきまとい行為は多様化し、全国でストーカー殺人事件は多発しました。ストーカー規制法は多様化する事件に対応する必要があり、2013年に逗子ストーカー事件を受けて電子メールを対象に加える改正案が成立、そして2016年に小金井ストーカー殺人未遂事件を受けて、SNSを用いたサイバーストーキングも規制対象とする改正案が成立しました。今回の改正で被害者を社会全体で守るための対策が強化されつつあります。
 ストーキング被害は、他人事ではなく誰にでも起こり得ます。被害にあった本人や関係者が適切な対応をとれるために、関連する法律の解説、法改正の経緯とポイント、警察・行政・学校等の今後の課題等、 必要な情報をすべて網羅した本が発刊されました。

改訂 ストーカー 被害に悩むあなたにできること リスクと法的対処

弁護士・長谷川京子/共同通信社社会部・山脇絵里子 著

 

第1章 ストーキングの定義と規制法の生い立ち
第1 ストーキングの定義
第2 「被害者の会」発足
第3 ストーキング被害の実像
第4 相次ぐ事件とストーカー行為規制法成立
第5 見直しを求める動き
第6 立ち上がった遺族
第7 法改正
第2章 ストーキングとDVについて
第3章 ストーキング、わけてもDV型ストーキングから被害者を保護する制度
第1 ストーカー行為規制法
第2 DV防止法
第3 刑事犯罪の事件化
第4 刑事手続における「犯罪被害者」としての権利行使と安全情報の秘匿の制度
第5 緊急通報登録制度
第6 住民登録上の住所情報の秘匿
第7 民事損害賠償請求の手続
第8 リベンジポルノ法
第9 銃刀法
第4章 悩んでいるあなたにできること
第1 あなたは悪くない
第2 被害者がストーキングに対処するときのポイント
第3 あなたがすること・できること
第4 周囲に味方をつくり、あなたの私生活の安全壁を強めよう
第5 法的社会的支援を活用する
第5章 家族・友人・学校・職場等にできること
第6章 警察と行政の取組
第7章 今後の課題
第1 現状
第2 警察の課題
第3 法的課題
第4 社会の課題
第5 より根源的な課題
補章 ストーカ―を生み出さない社会づくり
索引 事項索引
巻末資料

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

       

日本加除出版株式会社

日本加除出版株式会社の記事です。加除式図書、戸籍、登記、住民基本台帳といった分野を中心に、実務書、専門六法、月刊誌などを扱う出版社です。新刊情報、実務情報などご案内いたします。

公式サイト

日本加除出版株式会社の一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub