読むべき本、見逃していない?

2時間で改正相続法をチェック!

PR
  • 書名 図解でわかる 改正相続法入門
  • 監修・編集・著者名碓井孝介 著
  • 出版社名日本加除出版
  • 出版年月日2018年12月 5日
  • 定価本体1,400円+税
  • 判型・ページ数A5判・148頁
  • ISBN9784817845313
  • CコードC0032

 平成が終わりに近づいている中、40年ぶりの改正相続法が成立しました。新しい元号を迎えた後、7月1日に施行となります。

相続は誰もが関わる事ですので、無関心ではいられませんよね。

 今回の改正で、大きく変わったことを簡単にまとめると、

・残された配偶者が自宅に住み続けられる「配偶者居住権」。
・結婚20年以上の配偶者への自宅贈与の扱い。
・遺産分割前でも預貯金の仮払い可能に。
・遺留分をお金で請求できるように。
・使い込まれた遺産も遺産分割の対象に。
・無償で義両親の介護をしたら相続人に請求可に。
・自筆証書遺言の一部がワープロ可に。法務局で保管も。
となります。

 これだけでは、すぐに理解しにくいですよね。
自分の父親が死んでしまい、母親と自分と兄弟が残された場合遺産の分け方はどうなるの?母親は自宅に住み続けられるの?条件はあるの?
 本書ではやさしく、わかりやすい言葉と図を使って「2時間でチェックできる!」をねらいとして、誰にでも改正法の内容を理解できるよう解説しています。

内容見本.jpg
内容見本.jpg


序 章 改正相続法の概要をつかむ
第1章 配偶者を保護するための居住権制度の創設
第2章 遺産分割の改正点
第3章 新しい遺言制度がはじまる
第4章 遺言執行者の権限が明確になる
第5章 遺留分制度は、こう変わる
第6章 相続の効力等に関する見直し
第7章 特別の寄与~相続人以外の者を保護する制度~

著者略歴
碓井 孝介(うすい こうすけ)
1984 年北海道札幌市生まれ。司法書士(簡裁訴訟代理等関係業務認定)。司法書士平成事務所(札幌市中央区)にて、相続業務・遺言関連業務等を中心に手掛ける。「依頼人と共に解決する」を信条とする。
著書は『はじめての相続登記ひとりで手続ガイド』(中央経済社)や『自分でする相続放棄』『相続手続が簡単に 法定相続情報証明制度の利用の仕方』(日本加除出版)など多数。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

日本加除出版株式会社

日本加除出版株式会社の記事です。加除式図書、戸籍、登記、住民基本台帳といった分野を中心に、実務書、専門六法、月刊誌などを扱う出版社です。新刊情報、実務情報などご案内いたします。

記事一覧 公式サイト

日本加除出版株式会社の一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub