読むべき本、見逃していない?

金融機関職員が理解しておくべき改正事項の意味と実務上の留意点TOP100

  • 書名 100問100答 改正債権法でかわる金融実務
  • 監修・編集・著者名TMI総合法律事務所[編]/髙山 崇彦[編著]
  • 出版社名きんざい
  • 出版年月日2017年9月13日
  • 定価本体3,800円+税
  • 判型・ページ数A5判・並製・444ページ
  • ISBN9784322132106
  • CコードC2032

約120年振りの抜本改正が金融業務に与える影響を体系的に整理

改正債権法は公布(平成29年6月)後3年以内に施行とされ、金融機関においては、この「たった3年」で準備を整えなければなりません。
本書は、この準備のために重要な論点を詳細に解説しています。
各設問は、「現行民法の規律」「改正民法の規律」「金融実務に与える影響」「実務上の留意点」で構成され、現行民法の規律と改正内容との対比で論点を深め、そのうえで変更点と実務上の留意点を指摘しています。
この膨大な量の改正対応を乗り切るために、事務統括、法務、融資、管理の各部門における金融機関の担当者、金融法務に携わる弁護士必読の1冊です。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

       

一般社団法人金融財政事情研究会

金融財政事情研究会は、1950年、故福田赳夫元総理大臣が中心となり、大蔵省(現財務省)所管の社団法人として設立されました。その後、金融庁主管、財務省・文部科学省共管の公益法人を経て、2011年4 月に一般社団法人へ移行しました。当会は、伝統と信頼に裏打ちされた質の高い情報を発信しつづける雑誌・書籍事業、先進性と専門性を追求するセミナー・研修・検定事業を通じ、広く社会に貢献して参ります。

公式サイト

一般社団法人金融財政事情研究会の一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub