読むべき本、見逃していない?

日の丸規格の国際標準化で欧米相手に連戦連勝。ソニーの天才交渉人の痛快ビジネスノンフィクション。

印刷
  • 書名 実録・交渉の達人
  • サブタイトル――国際標準化戦争秘録
  • 監修・編集・著者名原田 節雄 著
  • 出版社名日経BP社
  • 出版年月日2017年6月26日
  • 定価1800円+税
  • 判型・ページ数四六判・336ページ
  • ISBN9784822255237
  • CコードC2034
Suica(フェリカ)、デンソーのQRコード、東京電力の超高圧標準電圧UHV――――
この標準化を勝ち取った男は、交渉の舞台裏で何をしたのか?


日の丸規格の国際標準化交渉で連戦連勝だったソニーの凄腕交渉人の手記。この人がいなければ、Suicaの国際標準化はなかった。 日米欧の企業が激突する国際交渉の舞台裏を赤裸々に描いたノンフィクション。
以下は、本書「まえがき」から。 「本書は、ソニーに勤務していた「交渉人」の私が当事者として経験した日の丸規格の国際標準化の舞台裏を、ソニーのフェリカ(JR東日本のSuica)、 デンソーのQRコード(二次元バーコード)、東京電力のUHV(1100キロボルト超高圧標準電圧)について初めて明かすノンフィクションである。
国際標準という言葉は一般には馴染みがないかもしれないが、たとえばSuicaという便利な交通用のカードは、私たちがあらゆる交渉のテクニックを駆使して反対勢力の裏をかき、 多数派工作に成功していなければ、国際標準化に失敗していまほど広く普及していなかったかもしれない。 そう考えると、意外に身近に思えるのが国際標準なのだ。
誰もが知っている典型的な国際標準は、長さや重さ、時間などの計量単位の度量衡標準である。その他、ネジのサイズやピッチ、各種標識なども国際標準だ。 これらの標準がなければ、私たちの社会生活は大変不便になる。
(中略)
国際標準化という企業同士が争う戦場で力もカネも技術もない日本が勝利するのは、絶望的な状況になった。米国も欧州も中国も、すでにマイナーな日本の味方ではない。
本書で取り上げた事例は、日本にとって最後の輝きだったのかもしれない。」

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

       

日経BP社

日経BP社は日本経済新聞グループの一員として、1969年4月に誕生しました。弊社の事業は、経営・技術・生活という3分野で主にビジネスパーソンに向けて展開しています。
その内容は、雑誌・書籍などを発行する出版事業、スマートフォン、PC、タブレット端末などに向けて情報発信するデジタル事業、展示会・セミナーなどのイベント事業、調査・コンサルティング事業など、多種多彩なメディアとサービスを駆使して、高付加価値の先端・専門情報を提供しています。

公式サイト

日経BP社の一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub