読むべき本、見逃していない?

知らないと資産がなくなる...あなたの資産を末代にまで残す方法とは?

PR
今後、M&Aや事業承継の予定のある方、今ある資産を末代にまで残していきたいとお考えの方必読。

上場、企業・事業売却で一気に手にした巨額の資産を「末代」まで守る方法



近年、M&Aや事業承継の増加により、ある日突然大金を手にする人が増えています。本書はそのようにいきなり富裕層に仲間入りした方のための不動産による資産運用・保全の指南書です。

この書籍では長年不動産投資を軸に据えた資産運用と資産保全の情報調査・研究・提供を行ってきたPIM総研が不動産投資のための物件選びや、賢く資産運用するための法人化についてのノウハウも余すことなくお伝えしています。実際にPIM総研が関わった富裕層の方のポートフォリオや貸借対照表、損益計算書などのデータを公開していますので、よりリアルに資産運用・保全の仕方を学んでいただけます。また、相続税対策や生前からできる、争いを回避する遺言状の書き方もご紹介。手に入れた資産の運用から承継方法までわかる一冊となっています。



《もくじ》
はじめに
第1章 いきなり〝ドカン! 〟と、巨額のキャッシュが入ったとき...
イグジットで、巨額の富が入った人たちへ
いきなり「巨額の富」が入った人の"3類型"
「資産を守る」タイプに伝えたいこと
事業を売却して巨額の富を得たSさん
富裕層って何だ?
M&Aで富裕層が大量出現?
Sさんの不動産投資遍歴
投資効率よりも安心を買う
付き合う業者を最小限にとどめる
常に相続を考えながら投資する

第2章 富裕層が「資産防衛」に不動産投資を選ぶ理由
不動産投資・経営が資産防衛に向く5つの理由
❶ 資産として安全である
❷ 税金面でのメリットが大きい
❸ 相続税を圧縮できる
❹ 手間がかからない投資である
❺ 自分のビジネスセンスが活かせる
不動産投資物件は東京23区に限る
❶ 高い賃貸需要
❷ 大学や企業が一極集中
❸ 資産価値が高い
❹ 高水準のリセールバリュー
❺ 都心で進むビッグプロジェクト
ますます便利になる首都圏交通網
続々と計画される再開発事業
東京を大きく変貌させる「国家戦略特区」
Sさんに学ぶ物件選びのポイント
❶ マンションはロケーションがすべて
❷ 中古物件もロケーション次第
❸ 新築マンションを買うなら、中古マンションの家賃が高い地域
❹一棟マンションのメリット
不動産投資のリスクについて考える
❶ 空室リスク
❷ 金利上昇リスク
❸ 賃料変動リスク
❹ 天災・火災リスク
❺ 修繕負担リスク
COLUMN 家賃滞納保証・設備保証

第3章 法人化で、賢く資産防衛・運用を行う
個人と法人の税制格差を知る
どんな法人にすればよいのか?
❶ 不動産保有会社をつくる
❷ 不動産管理会社をつくる
❸ サブリース会社をつくる
法人化に伴う節税オプション
法人化による不動産経営で、後継者も育てられる
法人の代表を「妻」にするか否か問題
相続対策にも有効な法人化
実際に不動産保有会社をつくる手順
法人化のメリット・デメリットまとめ

第4章 家族や子孫に資産を残すには?
遺産分割の問題に対処する
遺産額が大きいほど相続トラブルは少ない
争続を回避する──Sさんの場合
遺産分割争いを防ぐ遺言書
遺言書には3種類ある
遺言信託とは
Sさんの悩み──認知症になってしまったらどうする?
家族信託で万全を期す
相続税の問題に対処する
不動産は相続税対策の王道
生前贈与を活用する
保険商品で生前贈与を楽に行う
生命保険を活用する
法人による相続税対策
おわりに

《著者プロフィール》
PIM 総研
資産形成に適したワンルームマンション販売と賃貸管理のプロフェッショナル集団・株式会社P I M を母体とするシンクタンク。富裕層を主な顧客として、不動産投資を軸に据えた資産運用と資産保全の情報調査・研究・提供を行っている。母体である株式会社P I M は、2001年東京都世田谷区梅丘で設立。創業以来、東京都内でも人気の高い地区のみにターゲットを絞り事業を展開。「不動産という資産を通じて、より豊かな暮らし」を実現するために、「営業本部」「管理本部」「リーシング事業本部」「開発事業本部」「コンサルティング事業本部」「法務管理室」の精鋭による6つの専門部署を設置し、資産形成を幅広くサポートしている。



▼書籍の詳細、購入はこちらから
「いきなりキャッシュリッチになった人のための資産防衛術」¥1480(+税)
www.amazon.co.jp/dp/4295403083

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

株式会社クロスメディア・パブリッシング

株式会社クロスメディア・パブリッシングは、2005年の設立以降、ビジネス書を中心に全国主要書店の売上ランキングにあがるベストセラー書を数多く出版しています。「あらゆるメディアを通じて、働く人々の問題解決をする」という理念のもと、電子書籍やWebサービスなどにも積極的に取り組んでいる会社です。

記事一覧 公式サイト

株式会社クロスメディア・パブリッシングの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub