読むべき本、見逃していない?

165号は「漢字のパズル」と「カックロ」の特集二本立てです。

PR
  • 書名 パズル通信ニコリVol.165
  • サブタイトル(2019年冬号)
  • 監修・編集・著者名ニコリ
  • 出版社名ニコリ
  • 出版年月日2018年12月10日
  • 定価本体900円+税
  • 判型・ページ数B5変型・122ページ
  • ISBN9784890726653
  • CコードC0476
クロスワード・まちがい探し・点つなぎ・数独...などなど、ありとあらゆるペンシルパズルで遊び尽くす季刊誌です。165号は「漢字のパズル」と「カックロ」の特集二本立てです。「漢字のパズル」のほうは、漢字を使った定番パズルやオリジナルパズル、漢字を扱ったゲームなどの記事をお届けします。カックロ特集は、初歩のカックロ解説や、カックロのアレンジパズルなど、初心者からマニアまで楽しめる内容です。その他レギュラーパズルや読み物、参加型のコンテストも毎度好評連載中。パズルを解いたり、投稿したり、次号の掲載を期待してどきどきしたり、3カ月おつき合いください。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

(株)ニコリ

・ニコリ
鍜治 真起が率いるパズル制作集団。
・鍜治 真起
1951年北海道札幌市生まれ。都立石神井高校卒。慶應義塾大学国文科中退。
印刷会社へ就職し、営業として働くかたわら、1980年に日本初のパズル専門誌「パズル通信ニコリ」を創刊。1983年、株式会社ニコリを設立、代表取締役社長に就任。2005年、「数独」が世界的ブームとなり、新聞、テレビ、雑誌など多くのマスコミに紹介される。
海外では「数独の父(The Godfather of Sudoku)」と呼ばれ、すでに40カ国以上の国を訪問。パズルを通じて国と国を結ぶ親善大使の役割を使命としている。

記事一覧 公式サイト

(株)ニコリの一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub