読むべき本、見逃していない?

一木けいが「家庭内虐待」に触れた新作『愛を知らない』

 親が子を虐待する。あるいは子が親に暴力を振るう。その結果として、とんでもない事件が立て続けに起きている。気鋭の作家、一木けいさんが6月12日に刊行する新刊『愛を知らない』(ポプラ社)の主人公は高校生。「支配」をテーマにしたヒューマンストーリーだ。親による子どもの支配を扱っており、家庭内虐待の話が登場する。
 虐待について、一木さんは次のように語った。

 「子どもの場合、そもそも、自分が虐待にあっていることに気が付かないこともあります。風通しが悪い環境にいると、自分がおかれた境遇を当たり前に感じてしまうのです。何か、生活の中で違和感を感じたら、信頼できる人や、または、ネットの書き込みなどでもいいから、相談してみてほしいです」

 本作は、「普通」という言葉に引っかかってしまいがちな方に読んでいただきたい、と話している。
 一木さんは2016年の第15回「女による女のためのR-18文学賞」を受賞している。


keisan.jpg
『愛を知らない』(ポプラ社)と一木けいさん

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

最新のトピックス一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub