尿トラブルは「年だから」とあきらめない 「1000万人の悩み」でも意外と簡単に解決

印刷

【健康カプセル!ゲンキの時間】(TBS系)2015年10月25日放送
「尿トラブル」

   年をとるとどうしてもトイレが近くなる。夜中に何度も起きて熟睡できない。「くしゃみをしただけで...」「出した後なのにポタポタと...」。約1000万人が悩む頻尿と尿漏れ。その簡単な改善法が紹介された。

MCの三宅裕司(63歳)「僕は、夜中に多い時は3回トイレに行っていますよ。それも明け方の4時以降に集中しちゃう」
MCの渡辺満里奈「我慢できないのですか?」
三宅「質問が僕に集中するね。今日は三宅スペシャルかな。ハハハハ」
  • すっきり勢いよく出したいもの
    すっきり勢いよく出したいもの

男性の原因のほとんどが前立腺肥大

   番組の冒頭、頻尿と尿漏れに悩む50~60代男女3人が登場、日本大学医学部付属病院泌尿器科の高橋悟医師に診てもらう。64歳男性のKさん。毎晩2回、1日に計15回もトイレに行く。

高橋医師「1日に8回以上トイレに行ったら頻尿です。では、さっそく尿の勢いと量を測ってみましょう」

   同病院に検査用のトイレがある。そこで小用を足すと、尿の毎秒当たりの排出量と出し切るまでの時間がわかる。Kさんは、力んでは途切れを繰り返し、勢いが同世代の平均以下だった。そこで下半身をエコー検査する。

高橋医師「やはり典型的な前立腺肥大症ですね。男性の尿トラブルのほとんどはコレが原因です」

   前立腺は、膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むように存在する男性特有の生殖器官だ。正常だとクルミ大だが、Kさんはゴルフボール大に膨らんでいた。前立腺が肥大すると膀胱を圧迫して、トイレが近くなるのだ。

   続いて53歳男性のCさん。おしっこをした直後でもポタポタ漏れるという。Cさんもエコー検査をすると、前立腺が肥大していた。

高橋医師「膨らんだ前立腺が尿道を圧迫して曲げています。だから、カーブになった尿道の底の部分に尿が残ってしまい、ポタポタ漏れるのです」
注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中