水飲みダイエット 医師が推奨「やせたければ水道水を飲め」 コップ3杯でおにぎり1個分以上減らせる

印刷

   やれ「野菜を多く食べろ」「甘い物はダメ」「運動をしろ」と、キビシー注文が多い中、毎日水をちょっと多く飲むだけで、ダイエット効果があがるといううれしい研究がまとまった。

   米イリノイ大学のルオペン・アン教授が、米食品栄養学誌「JHND」(電子版)2016年2月16日号に発表した。これまでも「水を飲むのがいい」といわれていたが、大規模な医学的な調査から立証したのは初めてだという。

  • 水はこまめに飲もう
    水はこまめに飲もう

体の代謝が活発化してデトックス効果も

   多くのダイエット関連サイトを見ると、水をたくさん飲むとダイエット効果があがるといわれるのは、こういう理由からだ。

(1)代謝が上がる:血液の水分が増えてサラサラになり、血流がよくなる。細胞組織のすみずみにまで血液がいきわたり、エネルギー消費量が増える。
(2)体温が上がる:代謝が上がると体温があがり、脂肪をどんどん燃焼する。体温が1度上がると、燃焼効率が12%上がるといわれる。
(3)便通がよくなる:腸内に水分が増えると硬い便がやわらかくなり、便通がよくなる。
(4)体内のデトックスができる:便通がよくなり、また尿の量も増えるので、老廃物が体外に排出される。また、体温の上昇で汗をかきやすくなり、汗からも老廃物が出される。
(5)リンパ液の流れがよくなる:リンパ液は筋肉と血液の動きが活発になると流れがよくなる。血液がサラサラになるので、リンパ液の流れもよくなり、老廃物を運ぶ量が増える、などだ。

   さて、アン教授らの論文によると、研究チームは米国民健康栄養調査にデータが残っている約1万8300人の協力を得た。協力者に3~10日の間隔を置いて2回、1日の飲食物すべてを記録してもらった。そして1日の食事の総エネルギー量、塩分・糖分・脂肪の摂取量、コレステロール値、そして水分の摂取量を計算した。紅茶やコーヒー、加糖飲料類は、水道水やミネラル水のような「純粋な水」に含まず、「総水分量」の中に入れた。また、食べ物に含まれる水分もすべて「総水分量」として計算した。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中