「アスピリンが大腸がんを防ぐ」ってホント? 米政府機関はお墨付きを与えたが・・・

印刷

   解熱鎮痛剤として使用されているアスピリンに大腸がんを予防する効果があるとして、米政府の専門家諮問機関である米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)は2016年4月12日、「50歳代になったら、毎日アスピリンの服用を」と呼びかける勧告を発表した。

   アスピリンの「大腸がんの予防効果」については日本でも厚生労働省が大々的な臨床試験を始めたばかり。ただ、副作用の心配があるため、自己判断で服用するのは禁物だ。

  • 毎日1錠飲むといいそうだけど(写真はイメージです)
    毎日1錠飲むといいそうだけど(写真はイメージです)

50~60歳の男女に「1日1錠、毎日服用」を推奨

   アスピリンについては、欧米では1990年代から「アスピリンを長期間服用している人に大腸がんが少ない」という研究が相次いでいた。2016年3月にもアスピリンと週2回以上6年間服用すると、大腸がんのリスクが19%減るという研究が米医師会誌に発表されたばかり。

   今回のUSPSTFの勧告は、こうした多くの研究を精査したうえでの決定で、「50~60歳の男女が1日に1錠(81ミリグラム)のアスピリンを毎日服用すること」と推奨している。ただし、50歳未満や70歳以上では大腸がんリスクが減少する科学的根拠はなく、また、アスピリンを服用する際も「(副作用で)出血するリスクが低い人」「平均余命が10年以上あると推定される人」などの健康条件をつけている。

すぐ薬局に駆けつけて毎日飲むのはやめた方が...

   日本でも2014年に国立がん研究センターと京都府立医科大学のチームが、約300人の大腸がんの患者の臨床試験で、アスピリンを服用するとがんの再発率が4割抑えられる結果を発表している。さらに、アスピリンの効果を詳しく調べるため、同じ合同チームが厚生労働省の研究班の中心となり、2015年11月末から全国で約7000人の患者を対象に大規模な臨床試験を開始した。

   臨床試験では、アスピリンの1種である「バイアスピリン」(独バイエル薬品)を4年間、毎日1錠飲んでもらい、効果を検証する。ちなみに試験に使う「バイアスピリン」は医師の処方が必要で、市販されていない。

   アスピリンには、鎮痛とともに臓器の炎症を抑える作用があり、これが大腸がんの予防につながっているとみる専門家がいる。アスピリンは市販薬を含め現在、世界で年間1000億錠が使われる非常になじみのある薬だ。

   「よし、さっそく薬局に行ってアスピリンを買い、毎日飲もう!」と考える人が多いかもしれない。しかし、研究チーム代表の石川秀樹・京都府立医科大特任教授は、複数のメディアの取材に対し、「臨床試験に使う薬は市販薬とは成分が違う。アスピリンは副作用の恐れがあるし、人によって効き方が違う。自己判断で飲むのは絶対避けてほしい」とコメントしている。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中