9月1日は「子どもの自殺」断トツの日 夏休み明けに何が彼らを追い詰めるのか

印刷

「親は毎日コミュニケーションをとってほしい」

   同番組で駒田圭吾アナウンサーは、中学時代にいじめを受けていた経験を告白しながら、親たちにこう呼びかけた。

「『迷惑をかけてしまう』『恥ずかしい』と思って相談できない場合も多い。うちの子は大丈夫と思っても、親は毎日コミュニケーションをとってほしい」

   内閣府や文部科学省も、自殺対策として電話による相談窓口を設置している。内閣府のウェブサイトでは、悩みをもつ本人だけでなく、周囲の人に対しても「じっくりと話を聴いて、相談窓口を紹介してあげてください」と呼びかけている。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中