「一夜だけの情事」6割の女性が経験 危険な関係求めたがる年齢は意外にも...

印刷

   たった一夜だけ「男女の関係」を結ぶ「ワンナイトラブ」の経験がある女性は6割以上いる、というアンケート結果が出た。さらに、初めてワンナイトラブを経験した年齢は「41歳以上」が過半数を占めている。

   「若気の至り」では済まない年齢になって、なぜ一線を超える女性が多いのか。

  • 一夜限りの関係に至る理由はさまざまあるようだ
    一夜限りの関係に至る理由はさまざまあるようだ

「まったくない」か「何度でも」の両極端

   アンケートはコンサルティング会社ブルーバードが2016年10月5日~30日、恋愛情報サイト「愛カツ」の女性ユーザーに対して実施し、31日に結果を発表した。「ワンナイトラブを何回経験したか」の質問には、1208人が回答。最も多かったのは「0回」で38%だったが、それに次いだのは「5回以上」の36%。その間の「1回」10%、「2回」6%、「3回」5%、「4回」2%と比べると、「まったくない」か「何度でも」の両極端に分かれているように読み取れる。

   どういうきっかけで一夜だけの関係に至るのか。545人が回答した中で最多は「相手と付き合いたいと思った」の34%だった。実は交際を希望していたのに、実らなかったという女性が多いのだろうか。一方で「セックスがしたかった」19%、「自然の流れで・なんとなく」18%、「相手の押しに負けた」16%と、体だけの関係を求めたり、勢いに任せたりしたケースも多い。

   女性向けサイト「Woman Insight」15年9月7日付の記事では、ワンナイトラブの具体例が載っていた。たとえば、「男友達と飲んで盛り上がり、終電を逃す。朝、シャワーとベッドを求めて相手の家に行ったら...」(23歳女性)、「クラブでかなり泥酔し、気付いたらホテルにいた」(33歳女性)、「合コンでいい雰囲気になって、二人で抜け出しホテルに。冒険している感がたまらなかった」(20歳女性)。ただし、いずれも1度だけの関係で終わっている。

   一方で、穏やかではないこんなエピソードもある。恋に関するコラムサイト「恋愛jp」が9月13~20日に、女性138人にワンナイトラブに興じる理由を聞き取った。回答の一つを見ると、高校時代に容姿が理由で男子に嫌がらせをされてきたが、大人になって化粧やスタイルを整えると、男性からの扱いが変わった。しかし誰とも交際する気はなく、一夜で終わる関係を半年で10回繰り返した時期もあった。その裏には「男性への復讐心があったかもしれません」――というものだった。また、「今の彼氏への不満を示すためのあてつけ」という回答もあった。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中