ホウレンソウ:中高年は食べなきゃ損 経験と共に蓄積される知力が磨かれる

印刷

   「ポパイ、助けて~!」。恋人オリーブの悲鳴が聞こえるやいなや、ホウレンソウをガバッと食べ、筋肉モリモリに変身、巨漢の悪者ブルートを叩きのめすポパイ。年配の人には懐かしいアニメだ。

   ホウレンソウの健康効果は多く知られているが、最新研究で「結晶性知能」と呼ばれる高齢者特有の知的能力の維持に役立つことがわかった。腕力ではなく、知力で若い人に勝つパワーを秘めている野菜なのだ。

  • 中高年の脳にありがたいホウレンソウ
    中高年の脳にありがたいホウレンソウ

人間の知能には、年をとると伸びる「脳力」が

   研究をまとめたのは米イリノイ大学のチームだ。加齢医学専門誌「Frontiers in Aging Neuroscience」(電子版)の2016年12月6日号に発表した。

   論文によると、研究チームが注目したのは「ルテイン」というカロテノイド(天然色素)が高齢者の知能に与える影響だ。ルテインはホウレンソウやブロッコリー、カボチャ、トウモロコシなどの緑黄色野菜に含まれるが、特にホウレンソウにずば抜けて多く、ブロッコリーの約5倍だ。「目の健康」と「お肌のうるおい」によいことが知られており、国立健康・栄養研究所のウェブサイト「『健康食品』の安全性・有効性情報」の「ルテイン」の項目を見ると、こう書いてある(要約抜粋)。

「食事からルテインを多く摂取すると、手術が必要なほどの白内障、加齢黄斑変性(編集部注:高齢者に多い目の病気で失明原因の4位)の発生リスク低減に有効性が示唆されている」
「乾燥肌の女性が摂取した実験では、皮膚の水分量および脂質量の増加が見られ、皮膚の過酸化脂質(編集部注:いわゆる『肌のサビ』)量の低下が見られた」

   「いつまでも目がはっきり見え、肌をキレイにしたければホウレンソウを食べなさい」といわれる由縁だ。

   研究チームは、高齢者の「知能」の中でも「結晶性知能」の維持に注目した。近年の心理学では、人間の知能には「流動性知能」と「結晶性知能」があるといわれている。流動性知能は計算力や暗記力、集中力、IQ(知能指数)など受験テクニックに反映されるような知能のこと。25歳くらいがピークで、その後は徐々に落ちていき、40代以降になるとガクンと低下する。

   一方、結晶性知能は知識や知恵、判断力など経験と共に蓄積される知能のこと。こちらは年齢とともにどんどん伸び、60代頃にピークを迎える。しかも、単なる知識や経験の足し算ではなく、ある時点で飛躍的に伸びる。「あの情報とこの情報がつながる」とか「そういうことだったのか」と目からウロコの体験が増え、理解力が増す。様々なアイデアが生まれ、判断力に磨きがかかってくる。昔からいわれている「亀の甲より年の功」が結晶性知能なのだ。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中