「美肌」を手に入れる超簡単な食事法
ヒミツはあの有名ダイエット法にあった

印刷

【美と若さの新常識 自分力で手に入れる美肌】(NHKBS)2017年4月13日放送
糖尿病の食事療法が美肌をつくる不思議

   女性ならば誰でも憧れる美肌。その美肌を手に入れるための食事方法があるという。

   「何それ、スーパーフードとか、高い物を買わなければいけないんでし」と疑心暗鬼のアナタ。「ええっ、そんなに簡単でいいの!?」と驚く方法だ。

  • 美肌のヒミツは食にあった!
    美肌のヒミツは食にあった!

人間の体は内側から「焦げている」

   番組の冒頭、MCのお笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基がゲストたちに聞いた。

「みなさん、そもそも美肌とは何でしょうか? 番組では、こう定義しました」

   そして、お肌に以下の5つの条件がそろっていることとした。

   (1)うるおいがある。

   (2)毛穴が目立たない。

   (3)キメが整っている。

   (4)はりと弾力がある。

   (5)シミが目立たない。

   この日のゲストは、美容家のIKKO(イッコ)、お笑い女性芸人のキンタロウ、フリーアナウンサーの高橋真麻。「うん、そうね」と一同、大いにうなずく。

   MCの後藤輝基「この条件の4番目に注目してください。はりと弾力のある肌。これは若さを保つことから生まれます。そのための新常識とは『体を焦がさないこと』です。人間は体の中から焦げているのです」

高橋真麻「焦げるって何ですか? 紫外線で日焼けすることかしら?」

   「焦げる」とは、体の組織の「糖化(とうか)」という状態が進むこと。そして、「糖化」が進むと肌が「老化」して弾力とみずみずしさが失われる。「糖化」イコール「老化」なのだ。だから、「糖化」を防ぐことが若々しさを保つことになる。「糖化」とはいったい何か、老化が専門の同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンターの八木雅之教授が、豚の皮膚を使った実験で分かりやすく見せた。豚の皮膚は人間の肌と成分・構造がよく似ている。ピンク色の豚の皮膚を2つ用意し、1つを人間の体液と同じ成分の液体に、もう1つを、それに大量のブドウ糖を加えた液体に浸した。そして2日間、人間の体温を同じ37度の室内に置き変化を比べた。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中