毎日そうめんでも飽きない! 達人が教える、夏バテ解消簡単レシピ

印刷

   【助けて!きわめびと】(NHK総合)2017年7月29日放送
「夏バテ解消!スタミナそうめんレシピ大公開!」

   夏は多くの家庭の食卓で、そうめんの出番が増えているのではないだろうか。暑い日にツルツルと食べるのにもってこいだが、毎日では飽きるし、栄養が偏るのでは...という心配も。

   番組では、東京・東中野で24時間営業のそうめん店を営む田中嘉織さんが、夏バテの体を元気にする、美味しく栄養満点なスタミナそうめんレシピを紹介した。

health_20170806152635.jpg

コシのあるそうめんを特製だしで

   まずは美味しいそうめんのゆで方のレクチャーだ。

   大きめの鍋で、100グラムの乾めんに対し1リットル以上のたっぷりの湯でゆでる。そうめんに練り込んである塩と油が湯に溶け出せば、しょっぱくなくコシのあるめんになるのだ。

   ゆですぎると伸びてしまうので、ゆで時間はパッケージの表示時間の10秒ほど手前が良い。

   ゆで上がったら素早くザルに開け、流水で粗熱を取ったら、ザルに押し付けるようにしてぬめりと油分をしっかり洗い落とす。

   洗ったら氷を入れ、めんをしめる。氷水で冷やすとグルテンがしまってコシが出る。

   食べる時は軽く水気を切って皿に盛ると良い。ザルだと水分が落ちすぎてしまう。

   コシのあるそうめんは、田中さん流の特製だしでいただこう。

   コンブ、頭とはらわたを落とした煮干し、干しシイタケ、うす口しょうゆ、酒、みりんを鍋に入れ、冷蔵庫で一晩おく。鍋を火にかけ、沸騰したら削りがつおを加えて火を止める。ザルでこし、冷めたら容器に入れて冷蔵庫に入れれば2週間保存可能だ。食べる時は水で5倍に薄めて使う。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中